5月 312015
 

今回,国際会議ASCC (Asian Control Conference)開催前にマレーシアのサラワク州ミリを訪れたのは,カーティン大学サラワクキャンパス(Curtin University Sarawak Malaysia)でセミナーを行うためだ.ミリに到着した翌朝,友人にホテルまで車で迎えに来てもらい,30分ほどかけてキャンパスへ.

“Curtin
Curtin University Sarawak Malaysia@ミリ

セミナールームのある建物に入ってみると,その洒落たデザインに驚かされた.受付嬢もいる.1階は学生センターになっており,実に近代的だ.某大学のやや陰気な学生部とは随分と異なる.

“カーティン大学サラワクのメインビルディングには受付嬢がいた”
カーティン大学サラワクのメインビルディングには受付嬢がいた

“カーティン大学サラワクの学生センター”
カーティン大学サラワクの学生センター

メインビルディングの2階にあがると,スポンサー企業のロゴがズラリと並んでいる.日本企業も名を連ねている.

“カーティン大学サラワクと提携しているスポンサー企業”
カーティン大学サラワクと提携しているスポンサー企業

今回,10時過ぎから12時前まで,質疑応答を含めて2時間弱のセミナーをさせてもらった.カウンシルルームという部屋名称の会場が実に立派で驚いた.ファカルティや学生の他,企業の方も参加されていた.セミナーのタイトルは”Data-Centered Process Operation”とした.

“セミナー会場@カーティン大学サラワク”
セミナー会場@カーティン大学サラワク

セミナーの後,午後は研究打合せを行い,最後にキャンパスツアーに連れて行ってもらった.

メインビルディングの近くにある円形の建物は,半分がライブラリー(図書館),半分がシアター(大講義室)になっている.試験シーズンらしく,多くの学生が図書館で勉強をしていた.

“カーティン大学サラワクの図書館とシアター(大講義室)”
カーティン大学サラワクの図書館とシアター(大講義室)

“カーティン大学サラワクの図書館”
カーティン大学サラワクの図書館

カーティン大学サラワクキャンパスは実に広々と,ゆったりとしている.キャンパス内に,サッカーグラウンド,アメフトグラウンド,バスケットボールコートなど様々な設備が整えられている.

“カーティン大学サラワクのバスケットボールコート”
カーティン大学サラワクのバスケットボールコート

実に興味深かったのが,キャンパス内の湖の湖畔にある看板だ.そこには「ワニ注意!」と書かれてある.友人もその学生もワニを見たことはないと言っていたが,学内には目撃証言があるとのことだった.恐らく生息しているのだろうが,もしかしたらネッシーみたいなものかもしれない.ともかく,遊泳禁止なのだそうだ.

“ワニに注意!の看板@カーティン大学サラワク”
ワニに注意!の看板@カーティン大学サラワク

さらに驚かされたのが,学生宿舎だ.学内に立派な学生宿舎があるが,収容人数が十分ではないため,学外にも学生宿舎が用意されている.驚くべきは,その学外の宿舎で,案内されたときは,高級住宅街だと思った.某大学の熊野寮と比べると,その格差に愕然とするほかない.

“キャンパス内の学生宿舎@カーティン大学サラワク”
キャンパス内の学生宿舎@カーティン大学サラワク

“豪華なキャンパス外の学生宿舎@カーティン大学サラワク”
豪華なキャンパス外の学生宿舎@カーティン大学サラワク

写真は1ストリートだけだが,このような通りと建物が,コピペで大量に複製されている.物凄い数だった.1つの建物には,学生が3名か4名住んでいて,学生ごとに個室を使っているとのことだった.ルームシェアということなのだろう.

大学の規模が大きくないので,図書館の蔵書は大したことがないが,キャンパスも建物も学生宿舎も極めてレベルが高く,充実している.東南アジアの大学がこういう状況にあることを確認できて良かった.日本の大学のアドバンテージがどこにあるかは,今一度,よく吟味してみないといけないだろう.もしかして大学教員の根性だけかも...

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>