6月 052015
 

今回のキナバル公園ツアーでは,ラフレシアを見られるかもしれないということで密かに期待していた.ガイドさんによると,ラフレシアを見られるかどうかはFifty-Fiftyとのことで,運が良ければラフレシアが咲いているところを見ることができるわけだが,ツアーに参加する人の中には,ラフレシアを見るためだけに参加する人もいて,見られないと焦るとのことだ.

“開花3日目のラフレシア@世界遺産のキナバル公園”
開花3日目のラフレシア@世界遺産のキナバル公園

ラフレシアは,茎も葉も根もない寄生植物で,開花してから枯れてしまうまで1週間に満たない.このため,幻の花とも言われ,キナバル公園に行ったからといって必ずしも見られるわけではない.今回は,たまたま開花中とのことで,私設のラフレシアガーデンに連れて行ってもらった.

“私設のラフレシアガーデン@世界遺産のキナバル公園”
私設のラフレシアガーデン@世界遺産のキナバル公園

ここでは,ラフレシアを見るのに1人30リンギット(約1000円)支払う必要がある.この費用は,ラフレシアが咲く環境を保全するために必要だという説明を受けた.ラフレシアを見せることで収入を得られるということが,他の農作物を植えたりすることなく,現状を維持する動機付けになるからだ.

“ラフレシアとそのつぼみ@世界遺産のキナバル公園”
ラフレシアとそのつぼみ@世界遺産のキナバル公園

“ラフレシアとそのつぼみ@世界遺産のキナバル公園”
ラフレシアとそのつぼみ@世界遺産のキナバル公園

開花しているラフレシアのすぐそばに,つぼみもあった.花は小さいものでも直径30cm,大きい花だと1mにもなるという,とても大きなラフレシアだが,非常に弱いらしく,振動などで簡単に死んでしまうそうだ.

全く知らなかったのだが,赤い花を咲かせるラフレシアは,枯れると真っ黒になる.多くの植物が枯れたときに茶褐色になるのとは全く違い,本当に真っ黒だ.この枯れたラフレシアを見ることができたのも非常に良かった.

“枯れると真っ黒になるラフレシア@世界遺産のキナバル公園”
枯れると真っ黒になるラフレシア@世界遺産のキナバル公園

“枯れると真っ黒になるラフレシア@世界遺産のキナバル公園”
枯れると真っ黒になるラフレシア@世界遺産のキナバル公園

ツアー終了後,「ラフレシアを見ました!」と嬉嬉として学会参加者に自慢すると,見事なまでに例外なく,「匂いは凄かったですか?」と尋ねられた.しかし,匂いは全然意識しなかった.物凄く近くまで行けたわけではないが,それでも,何も匂わなかった.後から調べた情報によると,ラフレシアが強烈な臭気で昆虫を呼び寄せるのは,3日目以降なのだそうだ.今回見ることができたラフレシアはちょうど3日目なので,まだ臭気を発する前だったのだろう.

ラフレシアを見た後は,キナバル山に登る登山道のスタート地点へ向かう.ここから先の施設へ荷物を運ぶのは,今でもシェルパーに頼っているとのことで,大きな荷物を背負ったシェルパーが登山道を行き来している.

“キナバル山に登る登山道のスタート地点@世界遺産のキナバル公園”
キナバル山に登る登山道のスタート地点@世界遺産のキナバル公園

“キナバル山のシェルパー@世界遺産のキナバル公園”
キナバル山のシェルパー@世界遺産のキナバル公園

ここで15時過ぎ.キナバル公園を後にして,コタキナバルのステラハーバーリゾートに戻る.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>