7月 062015
 

上海から無錫に向かう車内で,空港まで迎えに来てくれたPhD候補女子学生さんに聞いたところでは,江南大学の場合,奨学金を支給する組織として,中国国家留学基金管理委員会(CSC),州政府,大学の3種類あるそうだ.中国国家留学基金管理委員会(CSC)の奨学金が中国全体をカバーするが,競争率は高い.3日ほど前に採否発表があり,その女子学生は江南大学とアルバータ大学との双方で研究する計画が採択され,9月から1年半カナダに行くと言っていた.

今年10月から当研究室に研究生として来る学生の1人は,来年4月に博士後期課程入学予定で,42カ月間の奨学金申請が中国国家留学基金管理委員会(CSC)に採択されている.色々な制度があるようだ.選考基準はよくわからないが,学生本人の研究業績だけでなく,指導教員の研究業績も重要だと聞いた.私も色々と提出した気がする.

江南大学は総合大学だが,博士学位申請には国際ジャーナルに論文3報が採録されることが必要条件らしい.それが大学全体のルールか,彼女が所属するSchool of Internet of Things (IoT) Engineeringのものかは未確認だが,3本が必要条件というのはなかなか厳しい.日本国内でも論文3報採録が目処とされているところは少なくないと思うが,日本語ジャーナルや国際会議でも許されたりすることが多く,厳密に国際ジャーナル論文3報採録が必要条件であることは希だと思う.このため,修士課程に進学するとすぐに,バンバン論文を書けというプレッシャーがかかるそうだ.中国の大学の数と学生の数でバンバン論文を書いてくるわけだから,日本の論文数なんて話にならなくなるのも当然かと思わされる.

個人的には量より質を大切にしたいが,そうも言っていられない現実がある.

“School
School of IoT Engineering@江南大学

欧米の大学で活躍している中国人研究者が,中国との接点となり,大学間の連携を密にしている.今回はカナダのアルバータ大学と中国の江南大学が中心となった国際ワークショップに招待してもらったわけだが,これとは別に,私と同じ研究分野の米国の教授は中国の大学の副学長もしていると言っていた.そういうネットワーク作りが日本は弱い(戦略的でない)ような気がする.そもそも,破格の待遇で一流研究者を迎えるという仕組みが日本の大学にはない.

国際ワークショップが終了した翌朝,無錫のホテルから上海虹橋空港まで,江南大学の車で送ってもらった.無錫から虹橋空港までは1時間半ほど,浦東空港まではさらに1時間ほどかかる.車中,カナダのUniversity of British Columbia (UBC)の若手教授と一緒だった.雑談の中で,大学教員の待遇についても聞いてみた.

UBCのキャンパスがあるバンクーバーは,住みやすい都市ランキングでいつも上位に来るような素晴らしいところだが,バンクーバーで一軒家を買うと2億円はするらしい.先日レンタカーで駆け抜けたMarine Dr.沿いの海に面した豪邸だと10億円からとのことだ.大学教授の給料ではバンクーバーで一軒家はとても買えないようだ.彼はUBCキャンパス内のファカルティ用住宅(アパート)に住んでいるが,80m2しかなく狭いと言っていた.確かに子供が増えるときついかもしれない.ちなみに,UBCの給料だが,若手教員で1000万円から,シニア教員で2000万円からが目安とのことだった.大雑把に言えば,日本の国立大学教員の給料の2倍だ.

日本の大学の2倍の給料を普通に得ている海外の研究者が,しかも一流の研究者が,わざわざ日本の大学に本拠地を移す理由があるようには思えない.外国人教員***人とかいう数値目標を掲げるにしても,一体全体,どの層がターゲットなのかが問題だろうと,今更だが改めて思った.

“School
School of IoT Engineering@江南大学

今回の江南大学滞在中,学生は大学教員をteacherと言っており,学生がprofessorという言葉を使うのを一度も聞かなかった.日本で先生と言うのと同じ感覚だろうか.欧米の大学ではteacherが使われるのを聞いたことがないような気がする.

江南大学については,これまでに書いたこと以外に,今回の滞在中に次のようなことも聞いた.サバティカルの制度はない.准教授以下は教授から独立していない.博士後期課程は人気がない.

国際会議に参加して最先端の研究内容について議論するのは研究者として当然必要なことではあるけれども,それだけにとどまらず,海外の大学を訪問して実態を見てくるのも大学教員にとって重要なことだろう.正直,日本は過去の栄華にすがっているだけじゃないかとも思える.

7月 062015
 

中国江蘇省無錫市にある江南大学のキャンパスは緑豊かで広々としていて非常に良い印象を受けた.大学のキャンパスはこのようであって欲しい.IIT卒のインド人研究者も江南大学のキャンパスはIITに似ていて素晴らしいと言っていた.バンクーバーのUBCもキャンパスが素晴らしいが,そこの教授も褒めていた.

“緑豊かで広々としたキャンパス@江南大学”
緑豊かで広々としたキャンパス@江南大学

“江南大学の南門@無錫”
江南大学の南門@無錫

キャンパスが広大なため,国際ワークショップの会場とレストランの往復には電気自動車を利用する.車両自体はぼろい.

“キャンパス内は電気自動車で移動@江南大学”
キャンパス内は電気自動車で移動@江南大学

グラウンドでは軍事教練が行われていた.軍事教練は学部1回生の必修らしい.ちなみに,学部生は全員,キャンパス内の寮に住むことになっている.キャンパス以外に住むためには許可が必要とのことだ.

“軍事教練を終えた学部1回生@江南大学”
軍事教練を終えた学部1回生@江南大学

今回のワークショップは”Process Control Workshop”という名称だ.初日は中国人研究者のみを対象とした中国語での会議,2日目が国際ワークショップとなっていた.

“国際ワークショップのプログラム@江南大学”
国際ワークショップのプログラム@江南大学

“国際ワークショップの会場@江南大学”
国際ワークショップの会場@江南大学

今回のワークショップでは,大学院生も聴講するということで,講演の最後に,例の「非基礎かつ非応用の研究はするな!」の話をした.それをきっかけに,ワークショップ最後の討論では,学生が研究テーマを決める際に注意すべきことも話題になった.

研究テーマを選ぶのは難しい.流行を追いかけて人気絶頂のテーマに手を出しても,重要な問題は先人が既に設定して解決もしていて,そこでオリジナルで顕著な成果を出すのは難しい.レッドオーシャンに飛び込むのは避けるべきと思うとUBCの教授も言っていた.しかし,誰も手を出していない問題をやればいいわけではない.そういう問題は単に手を出す価値がないから放置されているという恐れもある.博士を取得しようとするなら,テーマ設定も自分でできないと将来が危ぶまれるが,そうは言っても,テーマ設定に関しては指導教員にも責任があるだろう.いずれにせよ,指導教員の影響と責任は大きいのだから,優れた指導教員を選ぶことが大切であるのは間違いないと,私の意見を述べておいた.その他には,分野をリードしている研究者の動向を追いかけるのも重要で,たくさん論文を読むようにというアドバイスも出ていた.

7月 052015
 

江南大学の学部生と歓談した後,ホテルで遅めの昼食を食べて,午後は霊山大仏の観光に連れて行ってもらった.観光から戻って来ると,中国語ワークショップの懇親会に合流するという話になっていた.江南大学内にある立派なレストランで,中華料理をいただく.

“3D配膳@国際ワークショップの懇親会”
3D配膳@国際ワークショップの懇親会

その晩餐会で驚いたのは,料理の数で,とてもテーブルに置けそうにない.それで,皿が積み上げられて,3次元配置になっていた.日本の中華料理店で,これは見掛けないだろう.

そして,中国の晩餐会と言えば乾杯だ.中国式の乾杯は,お酒を飲み干さないといけない.白酒(パイチュウ)で乾杯するのが中国式だが,宴席で乾杯に白酒を使うという慣習も,北京や上海などの大都市では廃れてきているらしい.白酒は,高粱(コーリャン),小麦,大麦,豌豆(エンドウ)などを原料とする蒸留酒で,焼酒(シャオチュウ)とも呼ばれる.アルコール度数は40%以上と凄く強い.

宴会の初めから終わりまで何度でも乾杯するので,大きなグラスでは体が持たない.そこで,小さなグラスが存在する.それを知らずに,大きなグラスでガンガン乾杯していたのだが,途中で,形は同じだが一回り小さいグラスを中国人が使っているのを見付けた.「それ,ちっちゃいやん!」と言って,私も小さいグラスを入手した.容量は半分くらいか.実に楽に乾杯できる.宴会も終わりに近づいた頃,まだ乾杯をしていると,私の所に挨拶しに来てくれた中国人研究者が,もっと小さいグラスを持っていることに気付いた.「いやそれ反則だろ!」というくらい小さい.元の大きなグラスの1/10くらいしか白酒が入らないはずだ.乾杯はしないといけないので,ちゃんと対策(抜け道)はあるわけだ.なお,白酒を飲まずに,最初からジュースを飲んでいる女性も多かった.それでも,そのジュースで乾杯はしていた.とにかく乾杯は必須なようだ.

普段から焼酎ロックで鍛えているとはいうものの,アルコール度数42度の白酒で乾杯(要するに一気飲み)を連発するのは,なかなか大変である.中国人に負けず,最初から最後までガンガン乾杯に付き合っていたので,完全に酔っ払ったが,お前は素晴らしいよ!と褒めてもらった.

7月 052015
 

中国江蘇省無錫(Wuxi:うーしー)の江南大学(Jiangnan University)で開催された国際ワークショップは,当初,2日間ということだったが,そして確かに2日間だったが,初日は中国語だということで,先に現地入りした外国人部隊3名は別メニューとなった.初日は,プロセス制御関係の研究者が集って,研究発表だけでなく,大型予算獲得に向けた相談などもしていたようだ.

外国人部隊3名は,午前中,School of Internet of Things (IoT) Engineeringの学部生と話をした.「学生とディスカッション」と聞いていたので,大学院生と研究の話をするのかと思っていたが,全く違った.会議室に入ると,ズラリと学生が並んでおり,みんな学部生だという.学年はバラバラだ.担当教員が司会をしてくれて,学生代表の4名が自己紹介と大学生活紹介をしてくれた.学生交換プログラムの話が多く,台湾や香港の大学に10日間ほど滞在した経験のある学生は多いようだった.中にはアメリカ等に行く学生もいるが,当然ながら費用が高いので,人数は限られるらしい.

“学部生との懇談@江南大学”
学部生との懇談@江南大学

学生4名の発表の後は,質疑応答と歓談の時間になったのだが,学生から留学についての質問が出ると,Univ. of Albertaの教授もUniv. of British Columbiaの教授も真剣に「我々は優秀な留学生を確保するために様々な取り組みをしている」とアピールしていた.取り組みの1つはもちろん資金援助だ.非常にcompetitiveではあるが,UofAやUBCに留学を希望している学生にはチャンスがあるという.JSPSの奨学金も非常に魅力的だと思うが,良い学生を確保するためには,より積極的に勧誘する必要があると感じた.中には日本に興味を持ってくれている学生もいて,そのような学生を取りこぼさないようにすることはもちろん,本当に優秀な学生が日本を留学先として考えてくれるようにアピールする必要があるだろう.今回は,プロセス制御分野の日本代表という位置づけで私が招待してもらったわけだが,中国の大学は,海外の著名研究者をバンバン招聘しており,その研究者が優秀な学生をリクルートしている.近年,日本の大学も留学生の勧誘に積極的になってきたが,国際的な競争は激しさを増している.

7月 052015
 

中国江蘇省の無錫(Wuxi:うーしー)は,日本企業も多く進出している軽工業都市だ.今回,無錫にある江南大学(Jiangnan University)で開催された国際ワークショップに講演者として招待していただいた.主催はSchool of Internet of Things Engineering (IoT Engineering)で,ワークショップの中心テーマはプロセス制御.ワークショップは2日間ということだったので,3泊4日で無錫に滞在した.

ちなみに,ここは元来スズ(錫)を多く産出する「有錫」という名の鉱工業都市だったが,前漢までに掘り尽くしてしまい,以来「無錫」になったという説があるそうだ.前漢まで遡るあたり,さすが中国だ.歴史を感じさせてくれる.

“橋から太湖を見る@無錫”
橋から太湖を見る@無錫

伊丹空港→羽田空港→上海虹橋空港というルートで,まずは上海へ.短距離フライトなので,窓側の座席に座り,上海の街を上空から眺める.とにかく目立つのが大量のマンション(アパート)だ.同じ建物がズラリと並ぶその風景は,昔のSimCity(自分で街を作るパソコンゲーム)を思い出させる.同じ建物が多すぎて,酔っ払って帰宅したら,自宅に辿り着けないのではないかと思うくらいだ.

“上海上空から見るマンション街”
上海上空から見るマンション街

“上海上空から見るマンション街”
上海上空から見るマンション街

上海虹橋空港には,江南大学の博士後期課程に在学する女子学生(PhD Candidate)が迎えに来てくれていた.上海虹橋空港から無錫までは,江南大学の車で送ってもらった.運転手と学生と私の3名だ.渋滞していなければ2時間程度だと学生が教えてくれたが,車の運転が実にアグレッシブで,かなり早くホテルに到着した.

“上海から無錫まで江南大学の車で約120kmの移動”
上海から無錫まで江南大学の車で約120kmの移動

高速道路を走っていると,多くの垂れ幕を見掛ける.何が書いてあるのかはわからないが,真っ赤なのが中国らしい.それに,完成したものも工事中のものも含めて,道路沿いに多くのマンション(アパート)がある.なぜそこまで高層にする必要があるのか疑問に思うくらいに高い建物が多い.

ドイツ車率が極めて高い.VW,AUDI,BMW,MBなど.なお,中国産のソックリさんを見間違えている可能性は否定しない.高級車が多く走っていたが,印象に残ったのは,ど派手なメルセデスだ.

“色鮮やかなメルセデス@無錫”
色鮮やかなメルセデス@無錫

今回宿泊したホテル「無錫金陵山水麗景酒店」は江南大学で用意していただいた.キャンパス内にも大規模なホテルがあり,シンポジウムの中国人参加者は学内ホテルに宿泊していたようだが,私を含む外国人部隊4名は学外のホテルだった.

チェックインした後,この日は何も予定がなく,ゆっくり休んでと言われたので,太湖(たいふー)を見に行くことにした.太湖は中国五大湖の一つで,鄱陽湖,洞庭湖に次いで,中国で三番目に大きな淡水湖だ.その面積は2250平方kmで,琵琶湖の約3.4倍もある.無錫は太湖の北側に位置する.

“太湖の湖岸道路を散策@無錫”
太湖の湖岸道路を散策@無錫

“琵琶湖の3.4倍ある太湖@無錫”
琵琶湖の3.4倍ある太湖@無錫

太湖は国家重点風景名勝区に指定されているが,特に有名な観光地が,太湖に突き出た半島にある黿頭渚(げんとうしょ)公園とされる.とりあえず,その黿頭渚公園の入口まで歩いてみることにした.

歩いていて気が滅入るのは,自動車の運転手がクラクションを鳴らしまくることだ.確かに,途方もなく運転が下手な車や傍若無人に車道を塞ぐ車(路肩に寄せるという発想がなく車道の中央に停車して車内で何かしている)もあるが,単に渋滞しているだけでも鳴らす.高速道路などでも,車線変更が激しいので,遅い車に対してよく鳴らしている.

無錫太湖黿頭渚風景区の入口周辺の渋滞は凄い.風光明媚な観光地として有名なだけあって,物凄い数の観光客が来ていた.なお,既に夕方で,有料なので,公園内には入らなかった.

“太湖黿頭渚公園入口付近は大渋滞@無錫”
太湖黿頭渚公園入口付近は大渋滞@無錫

“太湖黿頭渚公園の案内板@無錫”
太湖黿頭渚公園の案内板@無錫

その無錫太湖黿頭渚公園で大きな看板を見掛けた.よくわからないが,ここで熱恋ができるということだろうか.確かに,菖蒲は咲いてたし,男女ペアもたくさん見掛けた.

“熱恋できる?@無錫太湖黿頭渚公園”
熱恋できる?@無錫太湖黿頭渚公園

長い橋を渡って対岸に行くと,そこではコンサートをしていた.

“太湖近くでコンサート@無錫”
太湖近くでコンサート@無錫

ほぼ2時間歩き回って,ホテル周辺には食料や飲み物を買える店がないことが確認できた.とてもお腹が空いてきたので,ホテル2階の中華料理店で夕食を食べることにする.「2階のレストランで食べて!」と博士課程女子学生に念を押されまくったので,そこに行かないといけない理由があるはずだ.

7月 022015
 

ウィスラービレッジで開催された国際会議IFAC ADCHEMが終了した翌朝,ホテル地下の駐車場に放置しておいたレンタカーでバンクーバーへ戻る.日本への帰国便が午後だったため,バンクーバーのグランビル・アイランドに立ち寄り,そこで早めのランチを食べて,散策した後,Universty of British Columbia (UBC)のキャンパスを見学して,空港へ.

カナダ滞在最終日を写真で紹介しよう.

“ウィスラーからバンクーバーへ戻る途中のビューポイント
ウィスラーからバンクーバーへ戻る途中のビューポイント TANTALUS LOOKOUT

“ウィスラーからバンクーバーへ戻る途中のビューポイント
ウィスラーからバンクーバーへ戻る途中のビューポイント PORTEAU COVE

“バンクーバーに到着”
バンクーバーに到着

“凄い数の鳥がゾロゾロと散歩@バンクーバー”
凄い数の鳥がゾロゾロと散歩@バンクーバー

“グランビル・アイランド@バンクーバー”
グランビル・アイランド@バンクーバー

“グランビル・アイランドのOpen
グランビル・アイランドのOpen Air Museum@バンクーバー

“グランビル・アイランドのPublic
グランビル・アイランドのPublic Market@バンクーバー

“野菜がいっぱい@グランビル・アイランドのPublic
野菜がいっぱい@グランビル・アイランドのPublic Market

“ど派手なケーキ@グランビル・アイランドのPublic
ど派手なケーキ@グランビル・アイランドのPublic Market

“バンクーバーの眺望”
バンクーバーの眺望

“フードコート@グランビル・アイランドのPublic
フードコート@グランビル・アイランドのPublic Market

“フィッシュバーガーとオニオンリング@グランビル・アイランドのPublic
フィッシュバーガーとオニオンリング@グランビル・アイランドのPublic Market

“グランビル・アイランドのFarmers
グランビル・アイランドのFarmers Market@バンクーバー

“グランビル・アイランドで見掛けたアートなポスト@バンクーバー”
グランビル・アイランドで見掛けたアートなポスト@バンクーバー

“海沿いにある広大なUBCキャンパス@バンクーバー”
海沿いにある広大なUBCキャンパス@バンクーバー

“UBCファカルティ用のアパート@バンクーバー”
UBCファカルティ用のアパート@バンクーバー

マレーシアのミリとコタキナバル,シンガポール,カナダのウィスラーで大学訪問と国際会議参加をこなした2週間を超える出張もこれで終了.

7月 012015
 

冬も夏も含めて,初めてのウィスラー滞在であるため,ウィスラービレッジの様子を写真でメモしておこう.とにかく,豪華なホテルが多い.というか,豪華なホテルしかなさそうだ.レストランのオープンテラス席はいつも観光客で賑わっている.

“ウィスラービレッジの風景”
ウィスラービレッジの風景

“ウィスラービレッジの風景”
ウィスラービレッジの風景

“ウィスラービレッジの風景”
ウィスラービレッジの風景

“ウィスラービレッジの風景”
ウィスラービレッジの風景

“ウィスラービレッジの風景”
ウィスラービレッジの風景

“ウィスラービレッジの風景”
ウィスラービレッジの風景

“ウィスラーの消防車と消防署”
ウィスラーの消防車と消防署

“ダウンヒルバイク/マウンテンバイクだらけのウィスラービレッジ”
ダウンヒルバイク/マウンテンバイクだらけのウィスラービレッジ

夏のウィスラービレッジは,ダウンヒルバイク/マウンテンバイクで溢れかえっている.カフェやレストランの店先には,上下逆さまになったバイクがたくさん置かれている.

ウィスラービレッジ内には,フローズンヨーグルトの量り売りで人気のメンチーズも.この他,アウトドアグッズの店も多数ある.

“メンチーズのフローズンヨーグルト@ウィスラービレッジ”
メンチーズのフローズンヨーグルト@ウィスラービレッジ

“IFAC
IFAC ADCHEMが開催された会議場@ウィスラービレッジ

ウィスラービレッジ内には大小いくつかのスーパーマーケットがあり,自炊するにも困らないし,お土産も買える.車で移動できるなら,ウィスラービレッジから少し離れたところにあるスーパーマーケットにも行ける.ただ,ウィスラービレッジ内のスーパーマーケットの方が大きいので,敢えて行く必要はないように感じた.

“ウィスラービレッジ最大のスーパーマーケット”
ウィスラービレッジ最大のスーパーマーケット

“ウィスラービレッジの北にあるNesters
ウィスラービレッジの北にあるNesters Market

“ウィスラービレッジの南にあるCreekside
ウィスラービレッジの南にあるCreekside Market

アイスワイン,ワイン,ビールなどアルコール飲料は酒屋で購入する.お土産にアイスワインを買うつもりなら,空港の免税店ではなく,酒屋で買っておいた方がいいだろう.半分以下の値段で買えるはずだ.

“高級そうなアイスワイン@ウィスラー”
高級そうなアイスワイン@ウィスラー

“普通のアイスワイン@ウィスラー”
普通のアイスワイン@ウィスラー

徒歩でまわれるくらいの広さだが,高級リゾート感満載だ.