7月 052015
 

江南大学の学部生と歓談した後,ホテルで遅めの昼食を食べて,午後は霊山大仏の観光に連れて行ってもらった.観光から戻って来ると,中国語ワークショップの懇親会に合流するという話になっていた.江南大学内にある立派なレストランで,中華料理をいただく.

“3D配膳@国際ワークショップの懇親会”
3D配膳@国際ワークショップの懇親会

その晩餐会で驚いたのは,料理の数で,とてもテーブルに置けそうにない.それで,皿が積み上げられて,3次元配置になっていた.日本の中華料理店で,これは見掛けないだろう.

そして,中国の晩餐会と言えば乾杯だ.中国式の乾杯は,お酒を飲み干さないといけない.白酒(パイチュウ)で乾杯するのが中国式だが,宴席で乾杯に白酒を使うという慣習も,北京や上海などの大都市では廃れてきているらしい.白酒は,高粱(コーリャン),小麦,大麦,豌豆(エンドウ)などを原料とする蒸留酒で,焼酒(シャオチュウ)とも呼ばれる.アルコール度数は40%以上と凄く強い.

宴会の初めから終わりまで何度でも乾杯するので,大きなグラスでは体が持たない.そこで,小さなグラスが存在する.それを知らずに,大きなグラスでガンガン乾杯していたのだが,途中で,形は同じだが一回り小さいグラスを中国人が使っているのを見付けた.「それ,ちっちゃいやん!」と言って,私も小さいグラスを入手した.容量は半分くらいか.実に楽に乾杯できる.宴会も終わりに近づいた頃,まだ乾杯をしていると,私の所に挨拶しに来てくれた中国人研究者が,もっと小さいグラスを持っていることに気付いた.「いやそれ反則だろ!」というくらい小さい.元の大きなグラスの1/10くらいしか白酒が入らないはずだ.乾杯はしないといけないので,ちゃんと対策(抜け道)はあるわけだ.なお,白酒を飲まずに,最初からジュースを飲んでいる女性も多かった.それでも,そのジュースで乾杯はしていた.とにかく乾杯は必須なようだ.

普段から焼酎ロックで鍛えているとはいうものの,アルコール度数42度の白酒で乾杯(要するに一気飲み)を連発するのは,なかなか大変である.中国人に負けず,最初から最後までガンガン乾杯に付き合っていたので,完全に酔っ払ったが,お前は素晴らしいよ!と褒めてもらった.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>