8月 242015
 

今年の夏休みは何も旅行を計画していないので,近場で遊ぶことにした.選んだのはラフティングだ.関西周辺だと,吉野川の祖谷渓(大歩危・小歩危)が激流で有名だが,京都でも保津川でラフティングができる.保津川は比較的流れが緩やかなので,ラフティングが初めての小学生を連れて行くにはちょうどよいだろう.今回は,折角なので,一日コース(10時集合,16時頃解散)に申し込んだ.

“先端に陣取り激流を下る長男長女@保津川ラフティング”
先端に陣取り激流を下る長男長女@保津川ラフティング

保津川と言えば,保津川下りが有名だろう.トロッコ列車の終着駅がちょうど遊覧船の出発地点になっている.一日コースの保津川ラフティングもここから川を下り始める.

“保津川下りの遊覧船と同じ出発地点@保津川ラフティング”
保津川下りの遊覧船と同じ出発地点@保津川ラフティング

午前中は激流ポイントはなく,緩やかな流れの川をボートで下りながら,基本動作を教えてもらう.以前,祖谷渓(大歩危・小歩危)でラフティングを楽しんだときもそうだったが,インストラクターにはネパール人が多い.我々が乗ったボートのインストラクターは専門学校を卒業したばかりの日本人で,近く,ラフティングの盛んなニュージーランドに修業を積みに行くとのことだった.

“浮かぶ長男@保津川ラフティング”
浮かぶ長男@保津川ラフティング

川を下る途中,時々,ボートから川に下りて遊ぶ.水が冷たくて気持ちいい.ボート対抗で,水を掛け合ったり,レースをしたりもする.実に楽しい.

“自然の中で保津川ラフティング”
自然の中で保津川ラフティング

しばらく川を下ると,周囲を山に囲まれて,自然満喫状態になる.

昼頃に午前の部が終了.一旦上陸して,弁当を食べる.一日コースはのんびりとできるのが良いが,午前中は激流ポイントがほとんどないので,保津川で激流下りがしたい!という人は半日コースに参加するのがよいと思う.

“激流を下る@保津川ラフティング”
激流を下る@保津川ラフティング

“激流を下る@保津川ラフティング”
激流を下る@保津川ラフティング

午後は激流ポイントが続く.みんな大喜びだ.時々,保津川下りの遊覧船が通過していく.保津川では遊覧船が優先なので,遊覧船が通過する間,ボートは端によって観光客に手を振る.ラフティングは楽しく見えるようで,特に若い人達は,遊覧船に乗った後,ラフティングに挑戦することも多いらしい.

“岩から飛び込む@保津川ラフティング”
岩から飛び込む@保津川ラフティング

保津川ラフティングも終盤に差し掛かり,いよいよ大きな岩からの飛び込みポイントだ.水面からの高さは5mくらいあるだろう.まず,長男が飛び込む.

“岩から飛び込む@保津川ラフティング”
岩から飛び込む@保津川ラフティング

続いて,長女も飛び込むと言った.ビビッて飛び込まないだろうと思っていただけに,これには驚いた.岩の先端に立つと,怖くてブルブルと震えていたが,3,2,1,0!の掛け声と共に,見事にダイブした.大したものだ.

“川に落ちるまで前傾姿勢で耐える@保津川ラフティング”
川に落ちるまで前傾姿勢で耐える@保津川ラフティング

その後も川を下りながら,ライフジャケットにロープをくくりつけて,水面に向かって超前傾姿勢を取ってみたりと,色々と遊んだ.

“帰りは電車@保津川ラフティング”
帰りは電車@保津川ラフティング

ゴール地点で川岸に上陸すると,パドルなど道具一式を持って,JR山陰線に乗って集合場所に戻った.こんな集団が電車に乗り込んできたら,驚く乗客も多いだろう.

大いに楽しんだ一日だった.子供たちも「またラフティングしたい!」と言っている.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>