8月 312015
 

ミラノを代表する建築物と言えば,ゴシック様式のドゥオーモ(Duomo)でしょう.市の中心に位置し,とにかく目立ちます.ドゥオーモの建築が始まったのは1386年,当時のミラノ公ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの命によるといいます.

“壮麗なゴシック建築のドゥオーモ@ミラノ”
壮麗なゴシック建築のドゥオーモ@ミラノ

“壮麗なゴシック建築のドゥオーモ@ミラノ”
壮麗なゴシック建築のドゥオーモ@ミラノ

もちろん,階段で屋根に登ります.これも2度目です.大聖堂への入口は正面の扉ですが,屋上への入口はドゥオーモの側面左側にあります.チケット売場は左右両方にありました.ドゥオーモには,135本の尖塔と2245体の彫像があるといいます.

“ドゥオーモの屋上へ@ミラノ”
ドゥオーモの屋上へ@ミラノ

“ドゥオーモの屋上へ@ミラノ”
ドゥオーモの屋上へ@ミラノ

“ドゥオーモの屋上@ミラノ”
ドゥオーモの屋上@ミラノ

ドゥオーモの屋根の上まで来ると,最も高い尖塔の頂に立つマリア像を近くに見ることができます.

さらに,屋上からは,ドゥオーモ広場や王宮,そしてミラノ市街を一望できます.

“ドゥオーモの屋上からの眺望@ミラノ”
ドゥオーモの屋上からの眺望@ミラノ

“ドゥオーモの屋上からの眺望@ミラノ”
ドゥオーモの屋上からの眺望@ミラノ

“ドゥオーモの屋上からの眺望@ミラノ”
ドゥオーモの屋上からの眺望@ミラノ

“ドゥオーモの屋上からの眺望@ミラノ”
ドゥオーモの屋上からの眺望@ミラノ

屋上から地上へと長い階段を降りた後,一度建物の外へ出て,正面の入口からドゥオーモの中に入ります.入口では、迷彩塗装の制服に身を包んだ兵士に荷物の中身をチェックされました.全員です.

ちなみに,ノースリーブやショートパンツだと見学させてもらえないかもしれないので注意しましょう.観光客だらけだとは言っても神聖な場所です.

“広大なドゥオーモの内部@ミラノ”
広大なドゥオーモの内部@ミラノ

“広大なドゥオーモの内部@ミラノ”
広大なドゥオーモの内部@ミラノ

ドゥオーモの全面にあしらわれたステンドグラスも圧巻です.

“ドゥオーモのステンドグラス@ミラノ”
ドゥオーモのステンドグラス@ミラノ

“ドゥオーモのステンドグラス@ミラノ”
ドゥオーモのステンドグラス@ミラノ

地下の宝物庫も見学できます.

“ドゥオーモの地下にある宝物庫@ミラノ”
ドゥオーモの地下にある宝物庫@ミラノ

“ドゥオーモの地下にある宝物庫@ミラノ”
ドゥオーモの地下にある宝物庫@ミラノ

“夜のドゥオーモ@ミラノ”
夜のドゥオーモ@ミラノ

ライトアップされる夜のドゥオーモも非常に美しいですね.

  One Response to “500年をかけて完成したゴシック建築のドゥオーモ@ミラノ”

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>