10月 292015
 

韓国化する日本、日本化する韓国
浅羽祐樹,講談社,2015

Book_Asaba2015

機内で「韓国化する日本、日本化する韓国」を読みおえた.内容は「そりゃそうだよね」と感じる部分が多いが,本書のタイトルと内容はあまり関係がないように感じた.タイトルの由来は,本文中に引用されている産経新聞の黒田勝弘記者の指摘「日本の『嫌韓』は,相手の等身大の姿を捉えようとはじめからしていない.それは,日本がこれまで批判してきた韓国の『反日』とまったく同じである.相手の悪いところに似る『日本の韓国化』は残念でならない」にあるようだ.そして,韓国化する日本と日本化する韓国の先鋒となっているのは日本のネトウヨと韓国のイルベだと,著者は指摘している.

ただし,著者は同時に,日本で嫌韓を牽引するネトウヨは,実は若者ではなく高齢者であり,新聞や週刊誌の中心になる読者層とちょうど重なっているとも指摘している.

「韓国に対して良い感情を持っていない」のは,主に50〜60代のわりと高齢世代です.いわゆるネトウヨは若者のイメージがありますが,ヘイトスピーチを繰り広げたりデモに行くような人たちは,よく見るとオジさんが多いように思われます.

一方,韓国では,国民の平均年齢が40代に入り,幼い頃から反日教育を受けてきた世代が社会の中核を担うようになるなか,日本に対して良くない感情があるのは当然であり,それが外交戦略にバイアスがかかる原因にもなっているというのが著者の見立てだ.しかし,若者は反日に凝り固まっているわけではなく,もっと冷静だという.

韓国では1990年代ぐらいから,留学などで海外に出る若者が増えました.20代・30代は,ナショナリストというより,グローバリストといってよい.しかも韓国は周知のとおり,大変な競争社会です.大学受験はもとより,ビジネスでは狭い自国内ではなく,他国のライバルと争っていかないといけない.(中略)競争がなかった世代のオジさんたちと感覚が根本から違うのは当たり前.日本を敵視するより,視線ははるか遠くに向いていて,そんなちっぽけなことで勝った負けたと一喜一憂している暇はとてもないというのが,本当のところでしょう.

私が見たところ韓国では若く,学歴の高い,これから社会の中核をなしていくだろう人たちは,日本に好意的でも敵対的でもありません.もっとドライで,クールです.彼らとは今後淡々と仕事し,競い合っていけることでしょう.

日本も,まったく同じことがいえます.若く,リテラシーがあり,生活環境に恵まれている人は,フェアな目で韓国を見ています.

オジさんたちはいずれ世論の中心からフェードアウトしていくでしょうから,いまの若い世代に入れ替わったら,日韓関係は質的に異なるものになると思います.

戦後からこれまでの日韓関係を見ていると,世代が変わったからといって,良好な関係になるかどうかは疑問だ.著者も「質的に異なるものになる」とは言っているが,良くなるとは言っていない.それよりも,韓国の若者の日本離れを懸念している.

日本としては韓国内の「反日」ブームより,「日本は特に重要ではない」という流れが定着するのを,阻止したいところです.

グローバル社会において,島国の日本がこれだけ距離の近い隣国に「軽んじられている」というのは,見過ごせない問題です.これからの「ゲーム」の進行上,日韓ともに,いろいろと不利になります.

韓国は中国重視の姿勢を鮮明にしており,アメリカも軽視はできない.それでも,これら両大国の間でうまく蝙蝠を演じられれば,日本は目障りなことをしない限り,どうでもいいというところだろうか.

日本は日本で,経済大国という過去の名声が拠り所のような有様で,一億総活躍とかいいつつ,福祉も教育も何もかもを形振り構わず切り捨てる勢いなのだから,軽んじられるのも無理はないように思われる.教員を大幅に削減して,高等教育予算も減らし続けるという財務省案が発表されて,ますます社会的階層の固定化が進みそうな状況になっているが,この階層社会の問題点も本書で指摘されている.

実は国民性なんていうものは,ないと考えています.むしろ日韓とも,階層の差が顕著です.知的に開かれ,経済的にも恵まれたクラスタの高い人たちは,まったく「嫌韓」「反日」ではありません.そちらはそちらでうまく通じ合って,ビジネスなど交流を盛んにしています.一方,「嫌韓」「反日」の人たちは,互いの国を行き来しようなどとは考えません.傾向として学歴や年収が低く,乱暴な言い方かもしれませんが,リソースに恵まれていない人が多いです.

一般に,社会的な階層が高い人ほど,異質なものに対してオープンな姿勢であり,階層の低い人は異質なものを嫌い,排他的になるというのは,全世界的な傾向です.国境ではなく属性の違いが人々の間で分断線になりつつあります.歴然たる階層社会を,国民性の議論が巧妙に隠しているという,厳しい現実を直視する勇気が必要だと思います.

実際,私が目にする範囲に限れば,反日で騒いでいるインテリなんて韓国で見掛けたことがない.嫌韓も同様だろう.さて,韓国は中国に頼る道を選び,中国に取り込まれつつあるが,日本はどうするのか.

目次

 
第1章 韓国人の特性を考える
第2章 落としどころを見失った判決
第3章 竹島問題に有用な視座
第4章 韓国人の「位相」と日本がすべきこと
第5章 韓国は北朝鮮との統一を果たせるか?
終章 あまねく、通じること

10月 172015
 

スピードレースで勝つことよりも快適に長距離を走行することを重視したエンデュランス/グランフォンド系ロードバイクの購入を検討している.そこで,2016年モデルで気になるロードバイクのリストを作成してみた(随時更新).完成車で25〜35万円の価格帯を中心に,基本は見た目で選んでいる.今乗っているクロスバイクがアルミ+カーボンで,次はフルカーボンに対象を絞っている.

<主にエンデュランス/グランフォンド系のロードバイク2016年モデル>

  • カーボンフレームのみを選択している.
  • エンデュランス系のジオメトリを中心に選択しているが,必ずしもそうとは限らない.
  • 情報はメーカーや代理店のウェブサイトに掲載されていたものを転載している.
  • コンポーネントは混ぜ物も多いので,あくまで参考程度に.
  • 写真のカラーは好みで選択している.
ブランド・バイク概要・価格
写真
Ridley(リドレー,ベルギー)
Fenix SL

105完成車 305,000円(税別)
color: JP15-7As(Team JP), JP15-6As(PBP)
wheel: Fulucrum Racing Sports Black

フレームセット 235,000円(税別)
color: FSL-01Bm, FSL-01Cs

お得感もある完成車は日本限定特別塗装で2016年4月頃入荷予定.

“”
LOOK(ルック,フランス)
765

ULTEGRA MIX完成車 380,000円(税抜)
(スプロケのみ105)
color: PROTEAM
wheel: MAVIC Aksyum

ULTEGRA 105 MIX完成車 330,000円(税抜)
(レバーのみULTEGRA)
color: LIME
wheel: MAVIC Aksyum

105 MIX完成車 280,000円(税抜)
color: RED WHITE
wheel: Shimano WH-RS010

フレームセット 220,000円(税抜)
color: PROTEAM, LIME, RED WHITE

完成車のカラーがコンポで縛られてしまう上に,完成車にはお得感もあまりない.

“”
De Rosa(デローザ,イタリア)
IDOL

フレームセット 268,000円(税別)
color: DE ROSA Santini Glossy, White Blue Sky Glossy, Black White Glossy, Black Fluo Pink Matt

エンデュランス系というわけではない.

“”
De Rosa(デローザ,イタリア)
Nick

105完成車 329,000円(税抜)
color: Black Green Glossy, Black Blue Red Glossy, Silver Blue Matt, White Red Glossy
wheel: Shimano WH-RS11

エンデュランス系というわけではない.

“”
Wilier(ウィリエール,イタリア)
Gran Turismo R (GTR) Team

ULTEGRA完成車 335,000円(税別)
color: Carbon Red, Dark, White Grey
wheel: Shimano WH-RS11

105完成車 298,000円(税別)
color: Carbon Red, Dark, White Grey
wheel: Shimano WH-RS010

フレームセット 235,000円(税別)
color: Carbon Red, Dark, White Grey

完成車にお得感がある.

“”
Wilier(ウィリエール,イタリア)
Gran Turismo R (GTR)

ULTEGRA完成車 283,000円(税別)
color: Black & Red, Black & Green
wheel:

105完成車 248,000円(税別)
color: Black & Red, Black & Green
wheel:

フレームセット 185,000円(税別)
color: Black & Red, Black & Green

完成車にお得感がある.

“”
Colnago(コルナゴ,イタリア)
CX-ZERO Carbon

ULTEGRA完成車 385,000円(税抜)
color: BRYL, BRWH, BRRD, BRBK
wheel: Shimano WH-RS010

105完成車 295,000円(税抜)
color: BRYL, BRWH, BRRD, BRBK
wheel: Shimano WH-RS010

ホイールも同じなのに,105完成車に比べてULTEGRA完成車が高い.

“”
Pinarello(ピナレロ,イタリア)
ROKH

105完成車 365,000円(税抜)
color: Black Red, BOB
wheel: Shimano WH-RS010

“”
Pinarello(ピナレロ,イタリア)
RAZHA K

105完成車 298,000円(税抜)
color: Black Red, White Black
wheel: Shimano WH-RS010

“”
BMC(ビーエムシー,スイス)
granfondo GF02

ULTEGRA完成車 400,000円(税抜)
color: Super Red
wheel: Shimano WH-RS11

105完成車 300,000円(税別)
color: White
wheel: Shimano WH-RS010

ダウンチューブがとにかく太い.

“”
Carrera(カレラ,イタリア)
SL950

ULTEGRA完成車 320,000円(税抜)
color: A5-11, A5-12, A5-13
wheel: Shimano WH-RS11

105完成車 290,000円(税抜)
color: A5-11, A5-12, A5-13
wheel: Shimano WH-RS11

カラーが控え目な感じ.ULTEGRA完成車がお買い得.

“”
Bianchi(ビアンキ,イタリア)
INTENSO

105完成車 253,000円(税抜)
color: Celeste, Matt Black
wheel: Shimano WH-RS010

“”

間違いはご容赦を.

10月 172015
 

ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け!
菊地武洋,小学館,2010

1017Book_Roadbike

先日読んだ「ロード乗りこなすならもっおと業界一の自転車バカに訊け!」の前に出版された本.本書「ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け!」の方が初心者向けの内容で,「ロード乗りこなすならもっと業界一の自転車バカに訊け!」はマニアックな内容といえる.

Q&Aを読むとロードバイクの見方がわかる.チューニング術では,ハンドル,ステム,サドル,スプロケット,コラム,タイヤ,ホイール,クランクといったパーツの交換についての指針が示されている.セパレート買いでは,コンポ,ホイール,ブレーキ,タイヤの選び方がメーカーごとに書かれている.紹介されているパーツやオススメのバイクについては,もう5年も前の情報なので,そのまま役立つわけではないだろうが,見方は参考になった.

ただ,本書での著者の主張は,他人のインプレなんか気にせずに,自分が気に入ったバイクを買って楽しめ!ということに尽きる.趣味なのだから,その通りだろう.

目次

 
第一章 カタログスペック裏読み講座
第二章 初心者のためのQ&A
第三章 20万円以下で買えるオススメBIKE
第四章 ステップアップのためのQ&A
第五章 完成車で買った人のためのチューニング術
第六章 目的別オススメBIKE
第七章 セパレート買いで”マイベストBIKE”を作ろう
第八章 最高級BIKE BEST10
巻末特集 スターティング・チェックポイント30項目

10月 102015
 

ロード乗りこなすならもっと業界一の自転車バカに訊け!
菊地武洋,小学館,2011

1009Book_Roadbike

2011年に出版された本なので,紹介されているマシンやコンポーネント,パーツの情報は古いが,ロードバイクを購入しようかと考えているので,選ぶときに参考になる考え方やこれまでのトレンドを知るために読んでみた.続編ということで,かなりマニアックな内容になっていると思う.たまたま本書を先に手にしたからだが,次は前作「ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け!」を読んでみるつもり.その「2012~2013年版」というのも出版されているけれど,元祖から.

目次

 
第1章 まず、ちゃんと自転車の性能を引き出そう
第2章 1台目のバイク・ベストバイ
第3章 2台目のバイク・ベストバイ
第4章 誰も教えてくれない素朴な疑問
第5章 こうすれば解決!!あなたの愛車の問題点
第6章 価格無制限バイク十番勝負
第7章 禁断の果実 夢のチューニング・パーツ
第8章 業界の裏番に訊いてみた

10月 032015
 

一度ホテルに戻って荷物を置き,ロックスにあるシドニー最古のパブ,ロードネルソン・ブリュワリー・ホテル(Lord Nelson Brewery Hotel)へ.激混みだろうと予想して,17:30頃に行ったにもかかわらず,店内も外の席も満員.テーブルも予約されまくりで,座って食事できそうにはない.

“ロードネルソン・ブリュワリー・ホテル(Lord
ロードネルソン・ブリュワリー・ホテル(Lord Nelson Brewery Hotel)@シドニー

“ロードネルソン・ブリュワリー・ホテルのクラフトビール色々@シドニー”
ロードネルソン・ブリュワリー・ホテルのクラフトビール色々@シドニー

カウンターで立ち飲みすることにして,まずはOld Admiralを注文.これは濃いビール.なお,Lord Nelson Brewery Hotelのビールはここで醸造されている.今日は2種類飲みたかったので,パイントで注文せず,小さなグラスで.2杯目は3 Sheetsというペールエール.フルーティで,ブルームーンに似ている.どちらも美味しかった.

“Old
Old Admiralを注文@ロードネルソン・ブリュワリー・ホテル

“濃いOld
濃いOld Admiral@ロードネルソン・ブリュワリー・ホテル

“フルーティな3
フルーティな3 Sheets@ロードネルソン・ブリュワリー・ホテル

夕食は18時からということなので,1日動きまわった後に何も食べずにビールを2杯飲んで,酔っ払いモードになった.店を出て,折角ここまで来たからと,シドニー天文台を訪れる.ここからはハーバーブリッジが綺麗に見える.

“シドニー天文台”
シドニー天文台

“シドニー天文台からの眺望”
シドニー天文台からの眺望

再びバスに乗ってシティへ戻る.夕食を買うために,ホテルには直行せず,ショッピングエリアへ.スーパーで水と土産用ビールを買い,ホテルに向かって歩いているところで,UGGの店舗を発見した.というか,シティを歩いていると似たような店舗をいくつも見掛ける.

今回唯一の買い物ミッションはUGG australiaのムートンブーツだったが,QVBの店舗で確認したところ,わざわざオーストラリアで買わないといけないほど安くはなかったため,キャンセルすることにした.立ち寄ったUGGの店舗は,買い物ミッション指定ブランドではないが,50%OFFになっているものもあったので,指定されていたブーツの写真を見ながら,その店内で似ているものを探す.いくつか候補を見付けたところで,値段や値引率を伝えて,最終判断は任せる.こういうとき,時差が1時間しかないのは有り難い.最終的に,30%OFF程度になっていたオーストラリア製のブーツを購入した.後方のラベルが異なるが,ブーツそのものの見た目は一緒だ.

購入したブーツは,最も有名なアメリカ発中国製のUGG australiaではなく,SHEARERS UGGのものだが,後から調べたところ,シドニーの工場でハンドメイドされているらしく,品質の良さで人気もあるようだ.よかった.

“お土産に購入したSHEARERS
お土産に購入したSHEARERS UGGのムートンブーツ

“お土産に購入したSHEARERS
お土産に購入したSHEARERS UGGのムートンブーツ

大きな荷物を抱えたまま,ホテル近くのパイ屋さんでパイを2つ買って,ホテルへ戻った.スーパーで購入したメルボルンのビールを飲みながら,ゆったりと部屋で夕食を済ませる.

“夕食のパイとビール@シドニー”
夕食のパイとビール@シドニー

今日の天気予報は雨だったので,朝出掛けるときにホテルで大きな傘を借りたのだが,結局使う必要はなかった.これだけよく動けたのも,天気に恵まれたおかげだ.ありがたい.明日は,学会会場のあるマンリーに向かうので,これからパッキングだ.

10月 032015
 

昼食後,バスでサーキュラーキーまで行き,そこからフェリーに乗って,ミルソンズポイント(Milsons Point)へ.洋上からもオペラハウスやハーバーブリッジやシティの街並みを一望できる.ミルソンズポイントには,レトロなLuna Parkという遊園地がある.入口がユニークな遊園地だ.

“フェリーでミルソンズポイントへ@シドニー”
フェリーでミルソンズポイントへ@シドニー

“Luna
Luna Park@シドニー

“サーキュラーキー@シドニー”
サーキュラーキー@シドニー

“シドニー・オペラハウス(Sydney
シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)

もちろん,シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)にも行ったが,ガイドツアーには参加せず,勝手に見学しただけ.その後,王立植物園(Royal Botanic Gardens)内を散策しつつ,ミセスマックォーリーズポイント(Mrs. Macquarie’s Point)へ.ハーバーブリッジを背景にオペラハウスを眺められる絶景ポイントとして有名だ.

“シドニー・オペラハウス(Sydney
シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)

“サーキュラーキー@シドニー”
サーキュラーキー@シドニー

“王立植物園(Royal
王立植物園(Royal Botanic Gardens)@シドニー

“王立植物園(Royal
王立植物園(Royal Botanic Gardens)@シドニー

“ミセスマックォーリーズポイント(Mrs.
ミセスマックォーリーズポイント(Mrs. Macquarie’s Point)@シドニー

王立植物園のミセスマックォーリーズポイントからハーバーブリッジとオペラハウスを眺めた後,シティへ戻り,シドニータワー・アイ(Sydney Tower Eye)を見上げながら,セントメリーズ大聖堂(St. Mary’s Cathedral)に向かう.

“シドニータワー・アイ(Sydney
シドニータワー・アイ(Sydney Tower Eye)

セントメリーズ大聖堂は南半球最大級のゴシック建築として知られており,その中も見学してみようと思ったのだが,なんと結婚式を執り行っている最中で中には入れなかった.

“セントメリーズ大聖堂(St.
セントメリーズ大聖堂(St. Mary’s Cathedral)@シドニー

“セントメリーズ大聖堂前の結婚式仕様車@シドニー”
セントメリーズ大聖堂前の結婚式仕様車@シドニー

セントメリーズ大聖堂はハイドパークの隣にあるが,ハイドパークの周囲には自転車道が整備されている.素晴らしい.

“ハイドパーク周囲の自転車道@シドニー”
ハイドパーク周囲の自転車道@シドニー

10月 032015
 

UNSW訪問翌日は,朝9時前にホテルを出て,夜7時過ぎにホテルに戻ってきた.バスやフェリーや電車にも乗ってシドニーを縦横無尽に移動したが,とにかくよく歩いた.

大都市であるシドニーにはショッピングセンターも多くあるが,その建物が素晴らしい.最初に訪れたストランドアーケード(Strand Arcade)はシドニー最古のショッピングアーケードらしい.ビクトリア調の内装は1892年に建造されたまま保存されているようで,実に良い雰囲気だ.通路のカフェで朝食を楽しんでいる人も多い.

“ストランドアーケード(Strand
ストランドアーケード(Strand Arcade)@シドニー

“ストランドアーケード(Strand
ストランドアーケード(Strand Arcade)@シドニー

次に訪れたのは,1898年に建造されたクイーンビクトリアビルディング(Queen Victoria Building: QVB).その名前の通り,ビクトリア様式の実に豪華な建物だ.地元オーストラリアのショップが多いらしく,UGG australiaも入っていた.このQVBも含めて,シドニーには無料でWi-Fiを使えるショッピングモールが結構多い.

“クイーンビクトリアビルディング(Queen
クイーンビクトリアビルディング(Queen Victoria Building: QVB)@シドニー

“クイーンビクトリアビルディング(Queen
クイーンビクトリアビルディング(Queen Victoria Building: QVB)@シドニー

QVBは,大時計のある尖塔が目を惹くシドニー・タウンホール(Sydney Town Hall)の近くにあり,その周囲にはギャラリーズやワールドスクエアなどのショッピングセンターがある.ワールドスクエア内の郵便局は土曜日も開いていたので,いつものように自宅と実家に絵葉書を送った.

“シドニー・タウンホール(Sydney
シドニー・タウンホール(Sydney Town Hall)

朝食と昼食を兼ねてビルズ(Bills)へ.日本にも関東圏に4店舗あるそうだが,美味しいと評判らしいので,発祥の地であるシドニーで行ってみることにした.折角なので,ダーリングハースト(Darlinghurst)にある初号店へ.明るい店内は地元客と観光客で溢れ,外に行列ができていた.お腹も空いていたので,full aussie(25AUD)という直球ど真ん中っぽいのを注文した.とても美味しかった.

“ダーリングハーストにあるビルズ(Bills)の初号店@シドニー”
ダーリングハーストにあるビルズ(Bills)の初号店@シドニー

“ビルズ(Bills)のfull
ビルズ(Bills)のfull aussie@シドニー

“ビルズ(Bills)の明るい店内@シドニー”
ビルズ(Bills)の明るい店内@シドニー

“ビルズ(Bills)の黒板@シドニー”
ビルズ(Bills)の黒板@シドニー