11月 032015
 

長崎での食事とお土産についてメモしておこう.

亀山社中跡や坂本龍馬像を観た後,既に中華街で長崎ちゃんぽんは食べたので,中華でない長崎名物を食べるために,吉宗(よっそう)に向かった.「よしむね」ではない.歴史のある老舗で,大きな茶碗蒸しが名物だという.店にはズラリと赤い提灯がぶらさげられていて,目立っている.

“茶碗むしが名物の吉宗(よっそう)@長崎”
茶碗むしが名物の吉宗(よっそう)@長崎

“茶碗むしと蒸し寿司が食べられる吉宗定食@長崎”
茶碗むしと蒸し寿司が食べられる吉宗定食@長崎

とても美味しかったが,唯一残念なのは,茶碗蒸しに椎茸が入っていることだ.いかに定番の具材だと言っても,これはいただけない.減点対象だ.椎茸はいらない.反論も認めない.

“長崎中華街”
長崎中華街

日本てんかん学会学術集会初日の夜は,みんなで長崎中華街の江山楼中華街本店を訪れた.そう,前日午後に特上ちゃんぽんを食べた店だ.ネットで評判を調べると,ここに行き着くことになる.

単品で注文する場合は1階のテーブル席,コース料理を注文する場合は2階の座敷になるようだ.我々はコース料理を注文することにして2階へ.普通(長崎以外)の中華料理店にある料理だけでなく,長崎名物や江山楼オリジナル料理もコースに含まれている.予約が不要なコースのうち,一番ゴージャスなのを選んだ.料理のいくつかを紹介しよう.

“長崎中華街伝統の味「ハトシ」@江山楼中華街本店”
長崎中華街伝統の味「ハトシ」@江山楼中華街本店

“特製ふかひれのスープ@江山楼中華街本店”
特製ふかひれのスープ@江山楼中華街本店

“とんぽうろう(東坡肉:角煮)@江山楼中華街本店”
とんぽうろう(東坡肉:角煮)@江山楼中華街本店

“名物ワンちゃんぼうる@江山楼中華街本店”
名物ワンちゃんぼうる@江山楼中華街本店

リストの中で特に正体が気になっていたのが,この「ワンちゃんぼうる」だ.一体何なのかと.見ての通り,巨大胡麻団子だった.

“匠寛堂@長崎”
匠寛堂@長崎

学会2日目の夜は,学生と共に居酒屋に行った.しかし,その前に,自宅用のお土産を買うために,閉店間際の「匠寛堂」に駆け込んだ.長崎名物のカステラ屋の1つだが,悠仁親王殿下御誕生を慶祝して謹製したという特製献上五三焼「天地悠々」があり,皇室御用達とのことだ.長崎には文明堂など有名店は色々あるが,ここのカステラは食べた記憶がないので,ここに決めた.

“特製献上
特製献上 五三焼 佳好帝良「天地悠々」(本桐箱入)@匠寛堂

“特製献上
特製献上 五三焼 佳好帝良「天地悠々」(本桐箱入)@匠寛堂

カステラではなく,佳好帝良である.菊の御紋入りである.皇室御用達である.そして,本桐箱入りである.しかも,「本桐箱には,文化勲章受賞者で日本彫刻界の最高峰,北村西望先生百歳の書「天地悠々」を捧げさせていただいております」と,匠寛堂のウェブサイトには書いてある.もちろん,高い.確実に美味しくいただけるはずだ.プラセボ効果も含めて.

11月 032015
 

10月29日午後から11月1日早朝まで長崎に滞在し,日本てんかん学会学術集会に参加した.

大学では休日に開催される学会などに参加すると代休を取らなければならないが,現実には,会議や講義などの公的行事が何もない平日はほとんどなく,代休を取得できる日は限られている.今回は,10月29日が問答無用で選択の余地なく代休になった.長崎を訪れるのは恐らく中学生のとき以来だと思うので,この代休を利用して,少し観光することにした.

“亀山社中の跡@長崎”
亀山社中の跡@長崎

2時過ぎにホテルにチェックインしたが,まだ昼食を食べていなかったため,チャンポンを食べに中華街へ.長崎の中華街は,横浜,神戸とともに日本三大中華街の一つと称されるらしいが,小さいし,人通りも少ない気がする.それはともかく,かなり評判の良い江山楼の長崎中華街本店に向かう.

折角の機会なので,並にも上にも目もくれず,特上ちゃんぽんを注文した.フカヒレ搭載のちゃんぽんで,流石,特上を名乗るだけあって,ξ,いや具材が豪華だ.チャンポンを食べたのは凄く久し振りだが,とても美味しかった.

“特上ちゃんぽん@長崎”
特上ちゃんぽん@長崎

暗くなるまであまり時間もないため,眼鏡橋を経由して,亀山社中跡と坂本竜馬像を見に行くことにした.

“眼鏡橋@長崎”
眼鏡橋@長崎

亀山社中は見晴らしのいい丘の上にあったわけだが,そこに行くために,グーグル先生の指示で,なぜか墓地の急階段を登らされた.なぜ墓地を通らないといけないのか.恐らく,単に,それが最短距離だったからだろう.

ともかく,急階段を登り終えると,そこは亀山社中跡だった.当時の部屋が(復元されて)残されている.坂本竜馬が愛用していたピストルの複製なども展示されている.

“亀山社中の部屋@長崎”
亀山社中の部屋@長崎

“亀山社中の部屋@長崎”
亀山社中の部屋@長崎

“亀山社中メンバー表@長崎”
亀山社中メンバー表@長崎

亀山社中の跡を後にして,坂本龍馬像を目指す.

途中,龍馬通りを通る.ここも,ひたすら階段だ.延々と階段が続く.坂多過ぎだろ,長崎.

“龍馬通り@長崎”
龍馬通り@長崎

丘の上から出島のある海を見下ろして立っている坂本龍馬の像.その側には,司馬遼太郎「竜馬がゆく」の記念碑もある.

“坂本龍馬像@長崎”
坂本龍馬像@長崎

“司馬遼太郎「竜馬がゆく」の記念碑@長崎”
司馬遼太郎「竜馬がゆく」の記念碑@長崎

長崎観光はこれだけだ.それでも,亀山社中をはじめ,坂本龍馬を満喫した.

“とにかく坂だらけの長崎”
とにかく坂だらけの長崎

坂を下りてホテルに戻る.ここも,ひたすら階段だ.延々と階段が続く.坂多過ぎだろ,長崎.

11月 032015
 

先日,現所属研究室の同窓会があり,学生が準備してくれたビンゴゲームで,京都では超有名な金平糖専門店である緑寿庵清水の「季節限定・焼栗の金平糖」を景品としてもらいました.無茶苦茶嬉しいのですが,またこれが,無茶苦茶美味しいのです.

緑寿庵清水では,様々な季節限定品があるほか,究極の金平糖というのもあるので,味わってみて下さい.

季節限定 焼栗の金平糖@緑寿庵清水
季節限定 焼栗の金平糖@緑寿庵清水

11月 032015
 

ゼロから始める 超はじめてのロードバイク
ムック,辰巳出版,2015

book-bike

書名「ゼロから始める」「超はじめての」のとおり,どちらかと言うとカジュアルにロードバイクに乗ってみたい初心者向けの情報誌.バイクブランドの紹介や価格帯別のロードバイクの紹介もあるほか,メンテナンスや輪行の仕方など,一通りのことは書いてあるが,コンポーネントやパーツについての説明は控え目で,それよりもカジュアルっぽいのから本格的なサイクルジャージまで服装に頁数を割いている.ここからも本書の方向性がわかる.2015年6月発行なので,新型の11速105やTiagraにも対応している.

はじめてロードバイクに乗ろうかなという人が,はじめての一冊として読むにはよいと思う.

目次

  1. ロードバイクで何しよう?
  2. スタイルは超十人十色 ロードバイクの楽しむ方 実例SNAP
  3. そもそも ロードバイクって何だろう?
  4. まずは 始めるための準備をしよう
  5. さっそく ロードバイクの乗り方を知ろう
  6. いよいよ ロードバイクでの走り方を知ろう
  7. さらなる 楽しみ方をチェックしよう
  8. きちんと メンテナンスできる人になろう
  9. Road Bike Topic
  10. SPECIAL PRESENT for YOU!!
  11. Special Shop Guide
11月 032015
 

最初の1台目を失敗しない! ロードバイクの選び方100の基本
学研パブリッシング(編),学研パブリッシング,2013

IMG_2676

これから1台目のロードバイクを買うという人には,とても参考になる本だと思う.ロードバイクの種類,フレームの選び方,コンポーネントの選び方,その他,ステム,ハンドル,クランク,ビンディングペダルの選び方に加えて,初歩的なメンテナンス方法なども書かれている.もちろん,ブランド情報も.

ただ,あくまでも「最初の1台目を失敗しない!」ための情報誌なので,掲載されている情報量は限られているし,初心者向けである.正直,ここに書かれているくらいの内容ならネットでいくらでも勉強できるはずだ.それでも,一冊にまとまっていることに意義はある.

目次

  1. ロードバイクの基礎知識
  2. 予算&用途別 賢いバイクの選び方
  3. フィッティングで正しいポジション出し
  4. ロードバイクスタイル”基本のき”
  5. カスタマイズで自分だけの1台に
  6. 長く,安全に乗るためのメンテナンス術
  7. サイクリストとしてのこれから