11月 052015
 

ロードバイクを始めるときに読む本
ムック,エイ出版社,2014

book_roadbike

これからロードバイクを買いたい,乗りたい,と思っている初心者向けの本に狙いを定めて,何冊かを読んでみた.このブログにメモしたものは,本書に加えて下記3冊となるが,それぞれ特徴がある.

最初の1台目を失敗しない! ロードバイクの選び方100の基本」(学研パブリッシング,2013)は,正当な入門書だと思うが,情報量は少ない.

ゼロから始める 超はじめてのロードバイク」(辰巳出版,2015)は,ファッション雑誌のノリで,ロードバイクそのものの情報を求めているなら,買うべきは本書ではないだろう.

ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け!」(菊地武洋,小学館,2010)は,上記2冊とはまったく異なり,著者の主張が強い.癖がある.

この4冊の中からどれか一冊だけ購入するのであれば,迷わず,本書「ロードバイクを始めるときに読む本」を勧める.カラーで,写真や図も見やすい.コンポーネントの説明ではシマノ,カンパニョーロ,スラムを網羅しているし,パーツについてもそこそこ書いてあり,写真付きのメンテナンス方法の説明はわかりやすく,ロードバイクに乗るなら恐らく避けられないであろう痛みの原因と対策も詳しく紹介されている.情報が充実している.

さて,これだけ頭に叩き込んで,サイクルモードインターナショナルに出掛けるつもり.

目次

  1. ロードバイクってどんな自転車?
  2. 正しく選んで上手に買う方法
  3. 楽しく走れる12のステップ
  4. シーンで選ぶサイクルウェア
  5. 誰でもできるメンテナンス
  6. イシ押しのパーツ&アクセサリー
  7. あると役立つロードバイク雑記帳