1月 302016
 

ToeThingy

ビンディングシューズ MAVIC Ksyrium Elite とビンディングペダル SPEEDPLAY ZERO のセットアップ」も済んだので,初めて,ビンディングシューズとビンディングペダルで走ってきた.

本日午後の京都の天気は,くもり.気温は7〜10℃.

初走行で判明したのは,寒い日にビンディングシューズで走ると,足の先が無茶苦茶冷えるということ.つま先が凄く冷たくなる.今日はまだ寒さがましだったので良かったが,極寒日に走りに行っていたら,途中でくじけていそうだ.というわけで,寒い日にロードバイクやクロスバイクでそれなりの距離を走るつもりなら,ショーズカバーが必要だ.ただ,足指が冷えるわけだから,シューズ全体を覆うものではなく,つま先だけ防風保温できればいい.

足先の冷え対策として,Castelli(カステリ)のトゥーカバー TOE THINGY を購入した.長袖ジャージをCastelli(カステリ)にしたので,それと揃えてみただけで,お勧めできるカバーかどうかはわからないが,とりあえず見た目はいい.

まだ一発でクリートをペダルにはめることができず,信号などで止まって走り出すたびに苦労しているが,ペダルを回転させるのがとても楽になった気がする.

1月 232016
 

初ロードバイクになるRIDLEY Fenix SL(リドレー・フェニックスSL)の納車は春の予定ですが,使用するビンディングペダルに慣れておくために,クロスバイクにSPEEDPLAY ZERO(スピードプレイ・ゼロ)を装着してみました.新品ロードバイクに乗った途端に,こけてフレームに傷がついたりしたら,凹みますからね.

“SPEEDPLAY
SPEEDPLAY ZEROを装着したMAVIC Ksyrium Elite

ビンディングシューズは MAVIC Ksyrium Elite(マビック・キシリウム・エリート)です.初心者のくせに,かなり高級なシューズです.上を見ると,レース用のCOSMIC ULTIMATEがあり,エンデュランス用のKSYRIUM ULTIMATE,KSYRIUM PROがあって,その次がKSYRIUM ELITEになります.その下に,AKSIUM(アクシウム)シリーズがあります.キシリウム・エリートとアクシウム・エリートの違いは,キシリウムがソール(靴底)にカーボンを用いていることと,快適性が優れていることのようです.重さはあまり変わりません.

とは言うものの,違いもあまりわからなかったので,直感で選びました.

“ビンディングシューズ
ビンディングシューズ MAVIC Ksyrium Elite

ビンディングペダルは悩みました.日本が誇るSHIMANO(シマノ)のSPD-SLやSPDの利用者が最も多いようです.種類・価格も色々で,初心者が安心して使えるように,片面がフラットペダルになっているものや,着脱がとても簡単にできるものもあります.ロードバイクの泥沼にはまっている人だと,LOOK KEO(ルック・ケオ)に決まってるだろとか,TIME Xpresso(タイム・エクスプレッソ)が最高だろとか,欧州勢に人気があるようです.

そんな中,見た目にも,技術的にも,全く異なるビンディングペダルがあります.SPEEDPLAY ZERO(スピードプレイ・ゼロ)です.なんじゃこりゃ?って感じの丸いペダルです.気に入りました.ロードバイクは,フレームもパーツもすべて見た目です.これに決めました.

とは言うものの,調査は万全です.ビンディングペダルは,シューズをペダルにガチッと固定するわけですが,全く足の位置や角度を動かせないと足に負担がかかってしまうため,遊びを持たせられるようになっています.また,そもそもペダルに対するシューズの位置を適切に設定する必要もあります.これらの調整の自由度が高いのが,SPEEDPLAY(スピードプレイ)のビンディングペダルの特徴です.さらに,ペダルとの一体感があり,踏み込んだときにエネルギーがダイレクトにペダルに伝わる感覚に優れてるようです.

“ビンディングペダル
ビンディングペダル SPEEDPLAY ZERO

SPEEDPLAY(スピードプレイ)のビンディングペダルの長所をまとめておきます.

  • ペダル両面がビンディング可能であり,ペダル面を気にせずに使える.
  • ペダル固定角度が0°から15°まで細かく調節できる.
  • つま先〜かかと と 内側〜外側 の固定幅を独立して調節できる.
  • 足裏からペダルシャフトまでの距離が短く,ペダリングパワー伝達に優れる.
  • ペダルが小さいため,コーナリング時にペダルが路面にぶつかりにくい.
  • 接触面積が大きいため,足裏の加重集中を避けることができ,疲労が蓄積しにくい.
  • グリスホールがあり,グリス注入が簡単である.
  • 脱着がスムーズである。

初めてのビンディングペダルなので,何を使っても違いがわかるわけではないですが,ミーハーなので,SPEEDPLAY ZERO(スピードプレイ・ゼロ)に決めました.シャフトの材質に,クロモリ(15800円),ステンレス(20800円),チタン(39800円)の3種類がありますが,ステンレスがコストパフォーマンスに最も優れていると評判なので,ステンレスシャフトにしました.

箱には,日本語の説明書の他,英語の説明書や注意書きなど色々な紙(こちらがオリジナル)が入っているのですが,派手です.

“ビンディングペダル
ビンディングペダル SPEEDPLAY ZERO のド派手な説明書

装着手順

それでは,ビンディングシューズ MAVIC Ksyrium Elite とビンディングペダル SPEEDPLAY ZERO のセットアップ手順を書いておきます.

1)シューズのソール形状にあわせて,スナップシムを選びます.購入した状態ではクリートベースプレートにスナップシム5-F/5-Rが装着されていますが,そのままだと私のMAVIC Ksyrium Eliteでは隙間ができたので,スナップシム6-F/6-Rに交換しました.これで隙間はなくなりました.

“シューズのソウル形状にあわせてパーツを交換”
シューズのソウル形状にあわせてパーツを交換

2)クリートベースプレートをビンディングシューズのソールに取り付けます.ここで縦方向の位置が決まります.MAVIC Ksyrium Eliteは3穴なので,ブラック短い取り付けネジ3本を使いました.この締め付けトルクは最大4.0Nmと指定されています.銀長い取り付けネジも同梱されていますが,こちらは不要でした.

“ビンディングシューズ
ビンディングシューズ MAVIC Ksyrium Elite にクリートベースプレートの取り付け

3)続いて,スプリングハウジングとメタルボトムプレートを取り付けます.ここで横方向の位置が決まります.クリート締め付けネジを使いました.この締め付けトルクは2.5Nmと指定されています.このように,縦方向の位置と横方向の位置を独立して調整できるのもSPEEDPLAY(スピードプレイ)の特長です.

“ビンディングシューズ
ビンディングシューズ MAVIC Ksyrium Elite にクリートの取り付け

4)ビンディングペダルをクランクに取り付けます.取り付ける前にネジ山にグリスを塗りました.15mmペダルスパナを使いますが,右ペダルは正ネジ(時計回りで締まる),左ペダルは逆ネジ(反時計回りで締まる)であることに注意します.

クロスバイクに付いていたのは4年間使ったフラットペダルで,これまで一度も取り外したことがありませんでしたが,すぐに外れました.ネジにグリスがたっぷり塗ってあった効果でしょうか.新しいビンディングペダルを取り付ける前に,古いグリスをディグリーザーで除去して,ウェス(不織布)で拭き取りました.

“4年間お世話になったフラットペダルの取り外し”
4年間お世話になったフラットペダルの取り外し

“ビンディングペダル
ビンディングペダル SPEEDPLAY ZERO の取り付け

これで,ビンディングシューズ MAVIC Ksyrium Elite とビンディングペダル SPEEDPLAY ZERO の準備完了です.自分でビンディングペダルを取り付けるのが初めてでも心配ありません.難しい作業ではありませんし,のんびり作業しても1時間もあれば終わります.

“ビンディングシューズ
ビンディングシューズ MAVIC Ksyrium Elite とビンディングペダル SPEEDPLAY ZERO の準備完了

SPEEDPLAY(スピードプレイ)のクリートは金属なので,そのまま歩くと激しく消耗するようですし,そもそも激しく歩きにくいです.このため,クリートカバー(Keep On Kovers Z.3)を付けました.クリートカバーを付けたままペダリングできることもSPEEDPLAY(スピードプレイ)の特長です.

“ビンディングペダル
ビンディングペダル SPEEDPLAY ZERO のクリートカバー(装着前)

準備が完了したので,実際にビンディングシューズ MAVIC Ksyrium Elite を履いて,ビンディングペダル SPEEDPLAY ZERO を使ってみました.

はまりません.クリートでペダルをキャッチできません.

必死にクリートをペダルに押し付けます.必死です.全体重をかけています.

でも,はまりません.

ググりました.何か間違っているんじゃないかと思って,ググりました.

間違っているわけではないようです.単に,最初は硬いだけのようです.

とにかく1回はめないと先に進めないので,ガチガチとクリートをペダルに押し付けます.

5分か10分ほどして,ガシャッ!という音とともに,ようやく,クリートがペダルを捕まえました.

でも,右だけです.

左が全然ダメです.まるでキャッチできません.

さらに5分か10分ほどして,ようやく両足とも,クリートをペダルにはめることができました.

その後も,簡単にははまりません.かなりの時間をかけて,10回くらい着脱すると,ようやく10秒くらいで両足をはめられるようになりました.

填めるのに対して,クリートをペダルから外すのは簡単です.かかとを外側に捻れば,簡単に外れます.

とにかく最初は,クリートがペダルにスムーズにはまるようになるまで,着脱を繰り返すしかないようです.

“ビンディングペダル
ビンディングペダル SPEEDPLAY ZERO のクリートカバー(装着後)


使用した工具とか色々

今回のビンディングシューズ MAVIC Ksyrium Elite とビンディングペダル SPEEDPLAY ZERO の作業には,トルクレンチ,15mmペダルレンチ,プラス・ドライバー(2種)を使いました.

SPEEDPLAY(スピードプレイ)は,ペダル固定角度を最大15°まで連続的に調節できますが,この調節ネジを回すのに,小さいプラスドライバーが必要です.

“使用した工具”
使用した工具

SPEEDPLAY ZERO(スピードプレイ・ゼロ)の日常的なメンテナンスとして,注油が必要です.今回は,FINISH LINE(フィニッシュライン)ドライ・テフロンルーブを使いました.

ゼロ ペダルは、できるだけ1~2回の乗車のたびにゼロ V.2 クリートのスプリングとペダルのかみ合い端にスピードプレイ SP-LUBE (部品番号13800) またはその他のドライタイプ (PTFE) の潤滑油を注油する必要があります。・・・液状潤滑油(オイル、WD-40など)はほこりが付着して摩耗しやすくなるため好ましくありません。潤滑不足(および/または締め付けすぎ)になるとスプリングが開かなくなり、引っかかったスプリングが破損する場合があります。

“使用したディグリーザーとウェス”
使用したディグリーザーとウェス

工具の他に,古いグリスを拭き取るのに,ディグリーザーとウェス(不織布)を使いました.

ディグリーザーは,FINISH LINE(フィニッシュライン)マルチ ディグリーザーを使いました.ウェス(不織布)は,日本製紙クレシア ワイプオール X70を使いました.これは不織布ですが,丈夫で綺麗に拭き取れて,しかも安いので,おすすめです.

さあ,早く走れるようになるでしょうか.

1月 032016
 

購入してから1年超が経過したので,ダイニングテーブルの天板をメンテナンスすることにした.あちこちに染みができているのと,子供たちがつけた鉛筆やボールペンの跡があるので,それらを消して表面を綺麗にすると共に,無垢材を乾燥から守るのが目的だ.

自宅のダイニングテーブルは栃の一枚板だが,購入時にお店でオイル(メーカー名,製品名,成分等は不明)を分けてもらったので,それでオイル塗装する.いつものように作業前に色々と調べたので,手入れの手順をまとめておく.

無垢材一枚板メンテナンス手順

1.紙ヤスリ,ウェス,オイルを準備する

作業前に,2種類の紙鑢(かみやすり,サンドペーパー),ウェス(布切れ),オイルを用意する.

紙ヤスリは,目の粗い#240と目の細かい#400の2種類を用意する.目の粗い#240の紙ヤスリは酷く汚れている部分を削るために用いるので,少しあればよい.一方,目の細かい#400は天板全体を磨くので,多めに用意しておく方がよいだろう.目が細かいので,すぐに粉で目詰まりしてしまう.今回は,ホームセンターで各々2枚入りのパックを購入したが,#240は1/8枚ほど,#400は1枚半ほどを使用した.なお,水は使わないので,耐水研磨紙は必要ない.

ウェス(布切れ)はボロ布でよいが,表面が凸凹していると使いにくい.今回は使い古したティーシャツを用意した.

“紙ヤスリ,布切れ,オイルを用意:無垢材一枚板の手入れ”
紙ヤスリ,布切れ,オイルを用意:無垢材一枚板の手入れ

2.傷や染みの目立つ部分を#240の紙ヤスリで研磨する

ダイニングテーブル天板で,傷のあるところや汚れが目立つところを目の粗い#240の紙ヤスリで磨く.くっきりと残った輪染み(コップの跡)も削る.このとき,傷や染みのある患部だけをピンポイントで磨くのではなく,その周辺も磨く.そうしないと,磨いたところが新たな傷になって目立ち,目の細かい#400の紙ヤスリでの仕上げ研磨が大変になる.力を入れる必要はない.#240は目が粗いので,軽く磨いてもガリガリ削れる.

3.天板全体を#400の紙ヤスリで仕上げ研磨する

ダイニングテーブルの天板全体を,目の細かい#400の紙ヤスリで磨く.テーブルの側面も磨く.この仕上げ研磨では,木目に沿ってヤスリをかける.力を入れても大丈夫.紙ヤスリはある程度大きめに切って,食器洗い用のスポンジなどに捲いて使うと,そのまま指で擦るより,ヤスリがけしやすくなる.スポンジでなくても,適度な柔らかさと大きさのあるものなら何でもよい.

“右半分を紙ヤスリ#400で研磨したところ:無垢材一枚板の手入れ”
右半分を紙ヤスリ#400で研磨したところ:無垢材一枚板の手入れ

4.木の粉を綺麗に拭き取る

ダイニングテーブル天板がツルツルになったら,オイル塗装する前に,研磨で出た木の粉を綺麗に拭き取る.テーブルの側面も忘れずに.今回は,掃除機で粉を吸い取ってから,用意しておいたウェス(布切れ)で乾拭きした.

“研磨して出た木の粉を拭き取ったところ:無垢材一枚板の手入れ”
研磨して出た木の粉を拭き取ったところ:無垢材一枚板の手入れ

5.木目に沿ってオイルを塗る

ウェス(布切れ)にオイルを染み込ませて,ダイニングテーブル天板の木目に沿ってオイルを塗る.オイルは少量で良く,薄く斑(むら)なく塗るようにする.テーブルの側面もオイル塗装する.

“右半分にオイルを塗ったところ:無垢材一枚板の手入れ”
右半分にオイルを塗ったところ:無垢材一枚板の手入れ

“上半分にオイルを塗った状態:無垢材一枚板の手入れ”
上半分にオイルを塗った状態:無垢材一枚板の手入れ

6.テーブル表面のオイルを拭き取る

ダイニングテーブル天板全体にオイルを塗り終わったら,オイルの付いていないウェス(布切れ)でテーブル表面のオイルをしっかり拭き取る.1時間から2時間ほどすると,無垢材に染み込まなかったオイルが噴き戻してくることがあるので,これも拭き取る.

“全体にオイルを塗って拭き取ったところ:無垢材一枚板の手入れ”
全体にオイルを塗って拭き取ったところ:無垢材一枚板の手入れ

7.ウェスに水をふくませて捨てる

使用済みのウェスをそのまま捨ててはいけない.オイルの染み込んだウェスは自然発火する恐れがあるので,十分に水分を含ませて,ビニール袋に密封して捨てるようにする.

“オイルを含んだ布切れには水をふくませて捨てる:無垢材一枚板の手入れ”
オイルを含んだ布切れには水をふくませて捨てる:無垢材一枚板の手入れ

“オイル塗装が完了した無垢材一枚板ダイニングテーブル”
オイル塗装が完了した無垢材一枚板ダイニングテーブル

以上で,無垢材一枚板ダイニングテーブルのお手入れは完了.作業は簡単で時間もかからないが,ダイニングテーブルはピカピカツルツルの状態に完全復活する.手伝った子供たちは,天板をナデナデして,「うわぁ,ツルツル!」と感激していた.