2月 272016
 

一昨日にMGMスタジオで観たKA(カー)があまりに素晴らしかったので,どうしてもCirque du Soleil(シルク・ドゥ・ソレイユ)のショーをもう一度観ておきたいと思い,国際会議IEEE BHIのバンケットが終了した後,ベラッジオに駆け込んで,O(オー)の当日券を入手することにした.

“O(オー)のカーテンコール@ベラッジオのO
O(オー)のカーテンコール@ベラッジオのO Theatre

念のため,先にTIX 4 TONIGHTに立ち寄って確認したところ,やはり,O(オー)のチケットは扱っていないとのことだ.人気があるため,ディスカウントしてまで売らないという方針なのだろう.

ベラッジオのO Theatreに行くと,当日券を求める行列ができていた.つまり,当日でもチケットは買えるということだ.KA(カー)のチケットを購入したときと同様,「一番良い席をお願いします(ただし無茶苦茶高いVIP席を除く)」と伝えた.既に開演間際なので,200USDオーバーの一番良い席は空きがなく,182.90USDのシートでも良いかと訊かれ,「もちろん,それで結構」と答える.

手に入れたのは,Section 103,Row L,Seat 15のチケットだ.前方中央のブロックだということは確認できた.

“シルク・ドゥ・ソレイユのO(オー)のチケット@ラスベガス”
シルク・ドゥ・ソレイユのO(オー)のチケット@ラスベガス

開演まで少し時間があるので,ショップで図録?(ブログラムブック?)とマグネットを購入する.KAを観たときとまったく同じだ.買い物を終えたところで,劇場に入る.

“ベラッジオのO
ベラッジオのO Theatre@ラスベガス

開演前のパフォーマンスが面白い.2人組の道化が客席を練り歩いて,観客を笑わせてくれる.シートは,ど真ん中だった.大当たりだ.

“O(オー)開演前の2人組ピエロ@ラスベガス”
O(オー)開演前の2人組ピエロ@ラスベガス

シルク・ドゥ・ソレイユのショーでは,実に上手に,カメラやビデオの撮影は禁止であることを伝えてくれる.KA(カー)を観たときの演出には衝撃を受けたが,O(オー)も負けてはいない.どちらも本当に洗練されている.

O(オー)とKA(カー)のどちらが良いかと訊かれると,正直,答えに窮する.どちらも素晴らしく,思い切り楽しむことができた.どちらもシルク・ドゥ・ソレイユのショーではあるが,全然別物だと言っていいだろう.単に,O(オー)が水で,KA(カー)が火というだけではない.O(オー)はまさにサーカスといえるショーで,変幻自在のステージで華麗でアクロバティックな演技が披露される.ピエロも登場し,観客を笑わせてくれる.さらに,物凄い高さからの飛び込みがあり,舞台が非常に深いプールになっていることは間違いないが,アッと言う間に水がなくなる.

一方,KA(カー)は物語だ.もちろん,アクロバティックな演技も素晴らしいが,O(オー)とは異なり,生き別れた双子の波瀾万丈な旅?が演じられる.

時間があれば,ミスティアなど他のショーも観てみたいものだ.しかし,それは流石に叶わない.

“シルク・ドゥ・ソレイユのO(オー)@ラスベガス”
シルク・ドゥ・ソレイユのO(オー)@ラスベガス

“シルク・ドゥ・ソレイユのO(オー)@ラスベガス”
シルク・ドゥ・ソレイユのO(オー)@ラスベガス

“シルク・ドゥ・ソレイユのO(オー)@ラスベガス”
シルク・ドゥ・ソレイユのO(オー)@ラスベガス

本当に楽しかった.幸せな時間を過ごすことができた.ラスベガスで何をしようかと迷ったなら観るべきだろう.それも,できるだけ良い席で.本当にお勧めだ.

何気なく,ショップのディスプレイもO(オー)になっている.