3月 212016
 

僕は君たちに武器を配りたい
瀧本哲史,講談社,2011

book

投資家である瀧本氏が,本物の資本主義が行き渡る世界で生きていく(稼ぐことができる)ための思考方法や行動様式を,武器として若者に伝えることを試みたのが本書「僕は君たちに武器を配りたい」ということになる.ターゲットとする読者と伝えたいメッセージが明確な,著者が意図した通りの,読みやすい本だ.実際,文字も大きいし,すぐに読める.特に,投資に縁のない人が読むと刺激を受けるだろう.これから就職活動をする学生(その多くは投資を体験したことがない)にはとても参考になると思う.投資経験者にとっては「そうだよね」と頷く部分が多いはずだ.「日経新聞を読んでも決して鵜呑みにするな」とか.

本書「僕は君たちに武器を配りたい」に登場する武器は数十に及ぶが,そのうちのいくつかを紹介しておこう.

  • 全産業で「コモディティ化」が進んでいる.賃金を下げないためにはコモディティになるな.
  • 一部の「頭のいい人」ではなく,「より安く,よりいい商品」を作る人間が,社会を進歩させるシステムが資本主義.
  • 現役学生が起業するのは「高学歴ワーキングプア」への道.コモディティ企業を作るな.
  • 企業を見極めるポイントは「お客さんを大切にしているか」.顧客を大事にする会社は従業員も大切にする.
  • 「自分の頭で物事を考えない人」は,DQNビジネスのカモにされる.
  • イノベーションのチャンスは「今しょぼい業界」にある.
  • サラリーマンとは知らないうちにリスクを他人に丸投げするハイリスクな生き方.リスクは自分自身でコントロールせよ.
  • 大学では「奴隷の勉強」に時間をかけず,自由人になるための「リベラル・アーツ(教養)」を学べ.

「弱虫ペダル」で御堂筋君がしつこく繰り返しているが,量産型は生き残れない.ザクは生き残れない.本書の言葉で言うと,コモディティになってはいけない.コモディティの対極にあるスペシャリティな人間になる必要がある.スペシャリティな人間として資本主義社会で生き残る(稼げる)タイプは6つだと瀧本氏は指摘する.トレーダー,エキスパート,マーケター,イノベーター,リーダー,インベスターだ.それらが何であるかは,想像するか,本書を読んでもらうとして,これらのうちトレーダーとエキスパートは価値を失いつつあり,マーケター,イノベーター,リーダー,インベスターのいずれかのタイプになる努力をすべきだという.

研究者はエキスパートの典型例だと思うが,いまどきの大学の研究者にはマーケターやイノベーターとしての能力も求められる.そうでないと十分な研究資金を獲得することも難しい.

本書で瀧本氏は,自分が大きな影響を受けた本として「君たちはどう生きるか」(吉野源三郎)を挙げて,コペル君とおじさんの会話を紹介している.コペル君は中学2年生(15歳)で,彼の様々な経験が物語として展開してゆく.中学生・高校生くらいの青少年を対象にして書かれた倫理・道徳の本と言っていいだろう.ただ,瀧本氏が印象に残っているとしている内容は,倫理や道徳とは異り,さすが投資家視点という感じがする.

「奴隷の勉強」に時間を費やすのではなくリベラル・アーツ(教養)を学べなど,高校生や大学生が何を勉強するか,何に自分の時間を費やすかを考えるキッカケも与えてくれると思う.本書の内容に同意するかどうかはともかく,自分の人生には自分が責任を持つしかない.自分自身に投資をして,自分の価値を高めるのも重要なことだろう.

この本は読むだけでは意味がない.読んで理解したことを行動に移してこそ意味がある.使い方を知らない武器を綺麗に飾っていても戦えない.

目次

 
第1章 勉強できてもコモディティ
第2章 「本物の資本主義」が日本にやってきた
第3章 学校では教えてくれない資本主義の現在
第4章 日本人で生き残る4つのタイプと、生き残れない2つのタイプ
第5章 企業の浮沈のカギを握る「マーケター」という働き方
第6章 イノベーター=起業家を目指せ
第7章 本当はクレイジーなリーダーたち
第8章 投資家として生きる本当の意味
第9章 ゲリラ戦のはじまり

3月 192016
 

関東に宿泊するけど夕方以降に予定がないという貴重な機会ができたので,誰でも知っている某外資系企業にパートナー(かなり偉い人)として転職した大学時代の同期と,転職後初めて一緒にご飯を食べに行ってきました.

直前に「冬には牡蠣を食べたくなるよね!」と伝えておいたら,新橋ガード下のかき小屋を予約してくれました.かき小屋には行ってみたいけど,行く機会がなかったので,ワクワクです.

“かき小屋
かき小屋 新橋 2号店

かき小屋新橋は「お酒持ち込みOKお一人様556円」とのことなので,転職祝いにモエ・エ・シャンドン(MOËT & CHANDON)のモエ・アンペリアル(MOËT IMPÉRIAL)を,それと牡蠣にあいそうなオーストラリア産辛口白ワイン(銘柄は忘れた)を持参しました.

かき小屋にシャンパンはやや場違いな感じかも...

“モエ・エ・シャンドン(MOËT
モエ・エ・シャンドン(MOËT & CHANDON)のシャンパンで祝杯@かき小屋新橋

おとおしの茹で牡蠣(?),生牡蠣4種は室津(兵庫県),九十九島(長崎県),パシフィックオイスター(ニュージーランド),そして島根県の岩牡蠣(春香),さらに焼き牡蠣と,2人で牡蠣をこれでもかというほど食べて大満足です.

“生牡蠣3種盛り+岩牡蠣:室津(兵庫県),九十九島(長崎県),パシフィックオイスター(ニュージーランド),そして島根県の岩牡蠣(春香)”
生牡蠣3種盛り+岩牡蠣:室津(兵庫県),九十九島(長崎県),パシフィックオイスター(ニュージーランド),そして島根県の岩牡蠣(春香)

“焼き牡蠣@かき小屋新橋”
焼き牡蠣@かき小屋新橋

その上に,海鮮盛り合わせです.もうこれでお腹一杯です.

“海鮮盛り合わせ@かき小屋新橋”
海鮮盛り合わせ@かき小屋新橋

2人でシャンパンと白ワインのボトルを空けて,美味しくて大きな牡蠣と海鮮をお腹一杯食べて,とても楽しい時間を過ごした後,かき小屋から喫茶店に移動しました.ケーキとコーヒーのセットで1500円くらいする高級喫茶で,今回は椿屋珈琲店新橋茶寮です.前回一緒に食事したときは,銀座の店に行きました.

“椿屋珈琲店新橋茶寮のケーキセット”
椿屋珈琲店新橋茶寮のケーキセット

仕事のことなど色々と話をしましたが,「快適な職場に安住していたら成長はできない」ということで意見が一致しました.ちょうど大学でも学生が就職活動をしている時期ですが,有名企業に入れたらそれで安心などという甘い考えは捨ててもらいたいものです.10年前,20年前にそうやって超優良企業に入ったはずが,今では経営危機に瀕しているということもあるわけです.自分を磨きましょう.

3月 162016
 

researcher

最近,大学では任期付きのポジションが増えている.多くの場合,大学院に進学し,同期が就職していくなか,大学に残って研究を続け,苦労して博士号を取得した若手研究者が対象になる.例えば,巨額の研究予算がつく大型プロジェクトの場合,そのプロジェクトの実施期間中のみ雇用するという形態がある.この場合,金の切れ目は縁の切れ目の言葉通り,プロジェクトが終了したら(研究費がなくなったら)さようならだ.この他,若手研究者を例えば5年間の任期付き助教として採用して,5年間の研究成果(論文を出して審査されて次の職を探すことまで考えると実質3〜4年か)が顕著であれば継続して雇用し,研究成果が認められなければ任期通りに雇用を終了するという形態もある.

昔は任期なしでの雇用が当然だった(私も大学院修士課程修了後に任期なしの助手として採用された)ので,それから比べると今の若手研究者は非常に厳しい環境におかれている.とは言うものの,研究成果が出せない人には早い段階で別の道へ進んでもらうことも必要だろう.それが本人のためだという考え方もある.

今の若手研究者はそのような環境で研究をしているわけだが,本日,ある大学で博士の学位を取得した後,地方国立大学に任期付き助教として赴任された方と話をしていて,特に問題は女性の場合だと教えてもらった.

大学4年,大学院修士課程(博士前期課程)2年,博士後期課程3年とすると,博士の学位を取得する時点での年齢は27歳前後になる.それくらいの年齢になれば,結婚や出産について考える人は多いだろうし,実際に結婚したり出産したりする女性研究者もいるだろう.このとき,例えば5年の任期付き助教として雇用され,3〜4年程度で研究成果を出さなければ雇用を継続しないと言われたら,安心して出産や育児ができないだろう.女性研究者の比率を増やせ,その数値目標を出せ,といった圧力がかかる現在の状況にあって,それでも実態としては,女性の出産や育児に対する配慮がないままに,任期付きのポストを運用しているケースもあるようだ.しかし,それでは女性研究者に酷すぎるのではないだろうか.

上記のようなことをツイートしたところ,以下のような例があると教えていただいた.

知人に5年間の任期付き助教の職にある際に出産し,産休中に任期が切れる(産休も5年間に含む)という方がおります.産休中に次のポストも見けられていないようで(むしろ子どもが小さいと敬遠されるようです)・・・

他にも,このような例があると教えていただいた.

地方の私大などでは採用面接の際に出産や結婚について質問されて,「もうこれ以上,子供は産みませんよね」と確認された方もおります(少し前の話ですが).

最近は,大学教員を公募するときに,男女雇用機会均等法の趣旨に則り云々と公募要領に書くことが普通になり,少なくとも女性が不利になるようなことはしないことが徹底されてきているので,露骨な差別はなくなっていると期待している.しかし,上述のように,女性の出産や育児に対する配慮を欠いているとすれば,そこは直していくべきだと思う.例えば,出産や育児のために職場を離れる期間分は任期を延長するといった方法も考えられるだろう.

上記のように「女性研究者に酷」とツイートしたところ,女性が出産・育児にかかる負担の大半を負うことが前提になっているのは問題ではないかとのご指摘をいただいた.出産は女性にしかできないが,女性研究者も男性研究者も同様に育児に携われば,性別に関係なく,任期付きの研究者にとっては厳しい環境にあると言える.この指摘を受けて,私みたいに意識が低い輩が,女性が出産もキャリアも大事にできる環境を実現するのを無自覚に邪魔しているのかなと反省している.

3月 102016
 

red-pen

南山大学名古屋キャンパスで開催された計測自動制御学会(SICE)制御部門マルチシンポジウムに参加した.我々の研究室からは,私の他に学生5名が参加した.

今回は私自身も発表したので,一緒に参加した学生から,どのような準備をしたのか?という質問があった.その質問に答えるとともに,この機会に,学生の発表を見ていて感じたことをメモしておこう.

今回私が発表したのは,この春に就職する修士課程学生の研究成果だ.その研究成果は完全に学生のものであり,私は広報担当にすぎない.その学生が修士論文発表会で使用したスライドを譲り受け,それを改変して私の発表に利用した.もちろん,修士論文発表会と学会とでは,発表の目的も聴衆も全く異なるので,始めから終わりまで,スライドは抜本的に改変した.私が発表に使用したスライドは事前に見本として研究室の学生に配布しておいた.

発表準備については,今はもう原稿を作成することはない.スライドだけ作成して,時間調整を目的として,事前に軽い発表練習をするだけだ.今回の制御部門マルチシンポジウムでは,発表15分と質疑応答5分の計20分という持ち時間だったが,本番での発表時間は15分±数秒程度の誤差だった.

発表に関しては経験がものをいう.このため,場数を踏めば,事前準備にそれほど時間をかけなくてもよくなる.ただ,イントロ(という建前の世間話)をダラダラと話して,肝心の内容を時間の都合で飛ばしてしまう人もいるのが現実だ.そういうプレゼンをする人は,残念ながら,しかし当然なことに,学生を含む若手よりもベテランに多い.歳をとると批判もしてもらえないので,改善される見込みもない.学生諸氏には,将来そうならないように,スライドも原稿も完璧に準備する訓練をしてもらいたい.

今回初めて学会参加した学生は,学会で様々な発表を見て,字が小さい,そんなの読めないだろ!,字が多すぎる,そんな見にくいスライドではダメだ!,などといつも私が繰り返していることの意味が実感として理解できたようだ.話を聞くだけで理解して実行できればよいが,なかなか期待通りにはいかない.研究室内の発表練習で繰り返し注意しても,期待外れのスライドを作り続ける学生もいる.そのような状況にあって,反面教師を見るというのは効果的なようだ.是非とも,今後のスライド作成に反映してもらいたい.

学会発表を前に,スライドだけ作って原稿を作らないというのは論外だ.プレゼンを上手にしたいなら,スライドと原稿を作り込んで,推敲に推敲を重ねる必要がある.そして,原稿を頭に叩き込んだ上で,何回も何回も練習する必要がある.練習すれば発表はうまくなる.確実にレベルアップする.だから徹底的に練習すべきだ.

問題はその先にある,質疑応答だろう.こればかりは,研究の背景や関連分野も含めて,いかによく理解しているかが問われる.このため,質疑応答は一朝一夕に何とかなるものではない.思うように答えられず,ボコボコにされて,実力不足を痛感したなら,必死に勉強・研究するしかないだろう.国際会議で英語で発表したなら,英語を習得するモチベーションも得られるだろう.悔し泣きする経験も必要だ.

質疑応答では,鋭い質問もあれば,的外れな質問もある.どのような質問であっても,その質問から多くを学んで欲しい.中には,「それ説明したよね.聞いてなかったの?」と思うような質問もあるだろう.そのとき,質問者をバカ扱いするのは簡単だが,自分のスライドや説明の仕方が悪かった(少なくとも完璧ではなかった)としたら,どこをどう直せばもっと理解してもらえたか.そのように考えてみて欲しい.そして,次回は今回よりも良いスライドで良い発表をする.より多くの聴衆に,より正しく自分の研究を理解してもらう.できることなら,より楽しんでもらう.そういう姿勢で,自分が受けた質問を振り返り,将来のプレゼンに活かしてもらいたい.学会発表に限らず,フィードバックは大事だ.それを活かせたら強くなれる.

3月は学会シーズンなので,これから発表という学生や若手も多いことだろう.健闘を祈ります.

主要アドバイス一覧

勉強,レポート作成/論文執筆,研究発表/プレゼンテーションについて,主に卒業や修了を目指す学生へのアドバイスの一覧

3月 072016
 

日本酒の種類が驚くほど多い料理店.大将がみずから選ばれていて,そのための「勉強」にも熱が入るとのこと.我々もしっかり勉強させていただきました.大将から「お客さんも勉強好きですね!」と言っていただくくらいに.

料理もとても美味しく,大将と女将が切り盛りされているお店の雰囲気が素晴らしく,本当に楽しく食事と日本酒をいただきました.是非また伺いたい.

以下,いただいた料理と日本酒.なお,写真の日本酒を全部飲んだわけではありません.お勧めをいくつか並べていただいて,その中から1つを選んでいただくというのを繰り返しました.

“とにかく日本酒がいっぱい@佳肴岡もと”
とにかく日本酒がいっぱい@佳肴岡もと

“焼いた蕎麦の実がのっている@佳肴岡もと”
焼いた蕎麦の実がのっている@佳肴岡もと

“つくし,鮑,大きな宍道湖の白魚@佳肴岡もと”
つくし,鮑,大きな宍道湖の白魚@佳肴岡もと

“料理に合うお酒を次々と@佳肴岡もと”
料理に合うお酒を次々と@佳肴岡もと

“料理に合うお酒を次々と@佳肴岡もと”
料理に合うお酒を次々と@佳肴岡もと

“桑名の蛤のお吸い物@佳肴岡もと”
桑名の蛤のお吸い物@佳肴岡もと

“お造り@佳肴岡もと”
お造り@佳肴岡もと

“八寸を一品ずつ@佳肴岡もと”
八寸を一品ずつ@佳肴岡もと

“八寸を一品ずつ@佳肴岡もと”
八寸を一品ずつ@佳肴岡もと

“日本酒もどんどんいきますよ@佳肴岡もと”
日本酒もどんどんいきますよ@佳肴岡もと

“八寸を一品ずつ@佳肴岡もと”
八寸を一品ずつ@佳肴岡もと

“八寸を一品ずつ@佳肴岡もと”
八寸を一品ずつ@佳肴岡もと

“日本酒も美味しい@佳肴岡もと”
日本酒も美味しい@佳肴岡もと

“焼きもの@佳肴岡もと”
焼きもの@佳肴岡もと

“椀もの@佳肴岡もと”
椀もの@佳肴岡もと

“鯖寿司@佳肴岡もと”
鯖寿司@佳肴岡もと

“フカヒレには驚き@佳肴岡もと”
フカヒレには驚き@佳肴岡もと

“甘味@佳肴岡もと”
甘味@佳肴岡もと

“甘味@佳肴岡もと”
甘味@佳肴岡もと

3月 062016
 

参加中の国際会議IEEE BHIの会場はウェスティンホテル.そこに近くて,ストリップ中心部にも近いホテルということで,今回選択したのがBally’s Las Vegas(バリーズ)だ.ラスベガスの高級老舗ホテルという位置づけになると思うが,ベネチアンやパリス,ニューヨークニューヨークなどのような派手さはなく,ベラッジオなどのように超豪華というわけでもない.ロビーやカジノなども地味に感じる.

“Bally’s
Bally’s Las Vegas(バリーズ)@ラスベガス

“Bally’s
Bally’s Las Vegas(バリーズ)@ラスベガス

客室は流石に広い.ここに1人で滞在するので,勿体ないというか何というか.東京のビジネスホテルに馴染んでいる身には,非常に快適だ.ワークデスクもある.

“Bally’s
Bally’s Las Vegas(バリーズ)@ラスベガス

今回滞在したのは23階の部屋で,客室の窓からは,LINQやベネチアンが正面に見える.シンガポールのを抜いて,世界最大の観覧車になったハイローラーも見える.

ラスベガスには雲がない.

“Bally’s
Bally’s Las Vegas(バリーズ)@ラスベガス

夜のラスベガスは,さらに美しい.

“Bally’s
Bally’s Las Vegas(バリーズ)@ラスベガス

今回は朝食付きの宿泊プランだったが,スタンドで好きなものを買って食べるという形式だった.サンドウィッチ,パン,サラダ,フルーツなどがある.1人9USDまでのようだ.

“Bally’s
Bally’s Las Vegas(バリーズ)@ラスベガス

アメリカでは野菜不足になりがちなので,初日以外は,毎日フルーツカップを食べた.それにカプチーノを付けたり付けなかったり.

“Bally’s
Bally’s Las Vegas(バリーズ)@ラスベガス

朝食は12USDのバフェもあったので,追加料金を支払えば,そちらでも良かったのだと思う.

学会会場にも近く,立地も申し分なく,パリスとも直結しており,客室は広く,客室からの眺めも素晴らしく,満足のいく滞在だった.チェックイン時の行列を何とかして欲しいところではある.

3月 052016
 

ラスベガスでの最後の晩餐は,ラスベガスと言えばホテルのバフェですよね!ということで,宿泊しているホテル・バリーズ・ラスベガスに直結したパリスのバフェLe Villageへ.パリスの1階にあって,毎日のように店の前を通っていたが,遂に,このバフェで食事をするときがきた.

“Paris(パリス)のバフェLe
Paris(パリス)のバフェLe Village@ラスベガス

夜9:30開演のBlue Man Group(ブルーマングループ)のショーを予約してあるので,会場であるルクソールまでバスで移動することを考慮して,夕方5:30にバフェLe Villageに集合.6時前なら空いているだろうと予想していたが,既に入口には長蛇の列ができていた.結局,席に案内されるまで,30分ほど並んだ.

“パリスのバフェLe
パリスのバフェLe Village@ラスベガス

フランスの村をイメージしているのであろう店内は,とても凝っていて,雰囲気も良い.

料理の種類も非常に多く,とりあえず,フレンチオニオンスープと,ムール貝と,アスパラガスと,ローストビーフとポークとサラダと...色々お皿に盛ってみた.

“料理の種類も非常に多い@パリスのバフェLe
料理の種類も非常に多い@パリスのバフェLe Village

パリスのバフェLe Villageが人気な理由は,ディナーならカニも食べ放題になることだ.オイスター(生牡蠣)も食べられるかと期待していたけど,オイスターはなかった.

“ディナーはカニも食べ放題@パリスのバフェLe
ディナーはカニも食べ放題@パリスのバフェLe Village

もちろんカニだけではない.パリスのバフェLe Villageでは,クレープを作ってもらえる.デザートにピッタリのフルーツのクレープが3種類,食事にピッタリのクレープが3種類,計6種類から選べたと思う.私はラズベリーとかブルーベリーとかが入ったベリーのクレープをお願いした.ボリュームが凄い.

“ベリーのクレープ@パリスのバフェLe
ベリーのクレープ@パリスのバフェLe Village

“ベリーのクレープ@パリスのバフェLe
ベリーのクレープ@パリスのバフェLe Village

しかし,マカロンを食べずに終わるわけにはいかない.しっかり,マカロンもいただいて,お腹一杯になってバフェでの食事終了.

“マカロンだらけ@パリスのバフェLe
マカロンだらけ@パリスのバフェLe Village

パリスのバフェLe Villageで大満足の食事を終えて,いよいよ,ラスベガス滞在の最終イベント,Blue Man Group(ブルーマングループ)のショーを観るために,LUXOR(ルクソール)へ.