4月 252016
 

ロードバイクでツーリング/サイクリングに出掛けるとき,少なくともパンクには対処できるようにしておきたい.私もこれまでに3回ほどパンクを経験している.そうすると,交換用チューブ,タイヤレバー,携帯ポンプ(またはCO2ボンベ)くらいは携帯する必要がある.さらに,パンク修理キットもあると便利かもしれない.

これらの工具をロードバイクと一緒に持ち運ぶために,サドルバッグを利用している人も多いだろう.もちろん,それで構わないのだが,折角,かっこいいスタイル抜群のロードバイクを購入したのに,サドルに巨大なサドルバッグが付いていると,どうにも見栄えが良くない.スリムな小型のサドルバッグを選ぶと,パンク修理に必要なものだけで一杯になり,スマホも入れたいとか,貴重品も入れたいとか,そういうのは無理になってしまう.

そこで,おすすめなのがツールケースだ.ロードバイクに乗るときには,ドリンクを入れたボトルをボトルケージに挿しておくが,このボトルの代わりにツールケースをボトルケージに挿すと,サドルバッグを使わずにツールを持ち運ぶことができる.

“RIDLEY
RIDLEY FENIX SLに装着したKAPELMUUR(カペルミュール)のサイクルジップツールケース

各社からツールボトル/ツールケースが販売されているが,蓋を開閉するツールボトルは中身の出し入れがしにくかったりする.一方,ジッパーで真っ二つにカパッと開くことができるツールケースはとても使いやすい.この点を考慮して,あとはデザインの好き嫌いを重視して,KAPELMUUR(カペルミュール)のサイクルジップツールケースを購入した.

“KAPELMUUR(カペルミュール)
KAPELMUUR(カペルミュール) サイクルジップツールケース ライオンプリント

リドレーと言えばフランドリアン.フェニックスSLにもライオンマークが施されているが,KAPELMUUR(カペルミュール)のサイクルジップツールケースもライオンプリントだ.この統一性も気に入った.そして,もう1つ.このツールケースにはメッシュインナーポケットが付いていることも重要だ.走行中にツールケースの中身をしっかり固定できる.

“KAPELMUUR(カペルミュール)
KAPELMUUR(カペルミュール) サイクルジップツールケース ライオンプリント

交換用チューブ,タイヤレバー,携帯ポンプ,工具がちょうど収まる大きさで,サイズは完璧.しかも,ジッパーで大きく開くことができるので,中身の出し入れも簡単にできる.もちろん,ボトルケージにジャストフィットするので,ロードバイクのスタイルを損なうことなく,確実に固定できる.私にとって,これ以上の選択肢はないと言えるツールケースだ.

“ツールボトル,ボトル,サドルバッグを装着したリドレー・フェニックスSL”
ツールボトル,ボトル,サドルバッグを装着したリドレー・フェニックスSL

パンクなどの応急処置に必要なモノ(交換用チューブ,タイヤレバー,携帯ポンプ,工具)をKAPELMUUR(カペルミュール)のサイクルジップツールケースに入れると,サドルバッグ(RIXEN & KAUL(リクセン&カウル)マイクロSL)にはスマホや貴重品などを,余裕を持って入れることができる.実に快適だ.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>