4月 292016
 

Garmin

ルートラボのツーリング/サイクリングコースをGarmin connectにアップロードする方法が変わった.これまでは,

Garmin connectのアクティビティ(コースではない)を開き,「手動アップロード」をクリックする.

だったが,現在は,図に示したように,「データのインポート」を使う.

(2017年4月30日追記)

ロードバイク用にサイクルコンピュータGarmin(ガーミン)EDGE 520Jを購入した.スピードセンサー,ケイデンスセンサー,心拍センサーがすべて付属したセットだ.ナビ機能までは必要なくても,知らない道を走るときにはマップ機能が役立つ.ガーミンEDGE 520Jでも,事前にコースを作成/登録しておけば,ツーリング/サイクリング中にマップ上でコースを確認できる.詳細なマップではないが,コースアウトすると教えてくれるので,十分に役立つ.

“サイクルコンピュータGarmin(ガーミン)EDGE
サイクルコンピュータGarmin(ガーミン)EDGE 520J

Garmin connectでもコースを作成できるが,ルートラボ(LatLongLab)で作成した,あるいは誰かが作成して登録したツーリング/サイクリングコースをGarmin connectのコースとして取り込めると便利だ.そこで,ルートラボのルートをGarmin connectのコースとしてアップロードして編集する方法をまとめておく.

“ルートラボのトップページ”
ルートラボのトップページ

  1. ルートラボのルート/コースをGPX形式(拡張子がgpxになる)でダウンロード(保存)する.
  2. “ルートのダウンロード@ルートラボ”
    ルートのダウンロード@ルートラボ

  3. GPSies( http://www.gpsies.com/convert.do )を開き,保存したGPXファイルをトラック”GPX Track”に変換する(「変換」をクリックする).なお,変換後も拡張子はgpxのままで変更されない.
  4. “GPXファイルの変換@GPSies”
    GPXファイルの変換@GPSies

  5. Garmin connectのアクティビティ(コースではない)を開き,「手動アップロード」をクリックする.
  6. 保存&変換したGPXファイルを選択し,「ファイルからアクティビティをアップロードする」.
  7. “GPXファイルの手動アップロード@Garmin
    GPXファイルの手動アップロード@Garmin connect

  8. 登録したアクティビティをクリックする.
  9. アクティビティの詳細画面で,ツール(歯車)アイコンをクリックし,「コースとして保存」する.
  10. “アクティビティをコースとして保存@Garmin
    アクティビティをコースとして保存@Garmin connect

  11. コースを開き,「詳細の表示」をクリックする.詳細画面でコースを編集できる.
  12. “コース詳細画面を開いて編集@Garmin
    コース詳細画面を開いて編集@Garmin connect

  13. アクティビティに戻り,今回登録したアクティビティを削除する.

ルートラボのルートをGarmin connectのコースとしてアップロードして編集するための作業はこれだけだ.

“サイクルコンピュータGarmin
サイクルコンピュータGarmin EDGE 520Jを装着したRIDLEY FENIX SL

コースを登録したGarmin EDGE 520JをロードバイクRIDLEY FENIX SLに装着して,いざ,サイクリングへ!

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>