5月 032016
 

ロードバイクRIDLEY FENIX SL(リドレー・フェニックスSL)の納車にあわせて購入したモノを紹介します.

今回は第二弾「安全グッズ」です.ヘッドライト,テールランプ,ベル,携帯ポンプです.いつものように徹底的に調査して購入候補を選択したので,これからロードバイクに乗ろうという人や,ロードバイクに乗り始めた人の参考になればと思います.

ロードバイク購入時の買い物リスト(2)
ヘッドライト
ブランド:CAT EYE(キャットアイ)
製品:VOLT400(ボルト400) HL-EL461RC
約400ルーメン, リチウムイオン充電池, フレックスタイトブラケット付属, 120g
購入価格:5,405円
説明:暗くなってから安全に走行するためには,対向車などに自分の存在を知らせるとともに,前方の路面状況を確認するために,明るいヘッドライトが欠かせません.VOLT400は約400ルーメンですが,もっと強烈に明るいヘッドライトも販売されています.しかし,明るいと,ヘッドライトが重くなり,電池の持ちも悪くなります.そして何より価格が高くなります.明るさを控え目にして使用するなら,はじめから適度な明るさのヘッドライトを用意すればいいわけです.街頭のない暗闇の中を走行するなら,もっと明るい上位モデルがよいかもしれませんが,夜間に走行するとしても街乗りくらいという人には,VOLT400が最適だと思います.付属のフレックスタイトブラケットでハンドルバーに装着できるので,マジックテープで固定するタイプのものに比べると,遙かに見た目が綺麗です.私は,VOLT400本体が目立たないように,下側に固定しています.なお,夜間走行時の点滅灯の使用は道交法違反なので,しっかり点灯しましょう.

VOLT400をAmazonでチェック!
CAT EYE VOLT400
セーフティライト
ブランド:CAT EYE(キャットアイ)
製品:RAPID-X2(ラピッドエックスツー)リア用 TL-LD710-R
面発光LED, リチウムイオンポリマー充電池, ラバーバンド, 30.5g
購入価格:3,878円
説明:テールランプの装着は義務ではありません.反射板(リフレクター)の設置で十分です.それでも,安全を確保するためには,周囲に自分の存在をアピールすることが大切です.セーフティライトRAPID-X2は面発光LEDを使用しているため,どの方向からもハッキリと視認することができます.ラバーバンドで固定するため,シートポストやシートステーなど好きな場所に取り付けられます.

RAPID-X2をAmazonでチェック!
CAT EYE VOLT400
ベル
ブランド:CAT EYE(キャットアイ)
製品:OH-2400
真鍮製ベル, ブラック, 25g
購入価格:506円
説明:このベルはフレックスタイトブラケットで固定するタイプのため,VOLT400を含めて,ヘッドライトやサイクルコンピュータなどと一緒にハンドルバーに固定できます.見た目がスッキリするので,おすすめです.真鍮製ベルで音色が良く,使い勝手も良好です.

真鍮製ベルをAmazonでチェック!
CAT EYE OH-2400
携帯ポンプ
ブランド:TOPEAK(トピーク)
製品:Mini Morph G(ミニモーフG)
インラインゲージ付
購入価格:4,060円
説明:ロードバイクは,ママチャリと違ってパンクしやすいため,自分でパンクに対応できるようになっておかないと困ります.走行中にパンクしたら,破れたチューブを交換します.このとき,新しいチューブに空気を入れるために必要なのが携帯ポンプです.携帯ポンプといっても,サドルバッグに余裕で入る小さなものから,フレームに固定する必要がある大きなものまで,大きさは色々です.携帯性と操作性はトレードオフで,ポンプが小さくなると空気を入れるのが大変(物凄い回数のポンピングが必要)になります.そこで,楽に確実に空気を入れられるポータブルポンプとして人気があるのがトピークのモーフシリーズです.フロアポンプと同じように,ハンドルに体重をかけることができるので,ロードバイクに必要な高圧まで,しっかり空気を入れられます.さらに,Mini Morph Gはインラインゲージ付なので,空気圧を確認できるのも嬉しいポイントです.ところで,パンクしたときに本当に楽したい人はCO2ボンベの携帯を検討しましょう.


Mini Morph GをAmazonでチェック!

Mini Morph G

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>