5月 052016
 

ロードバイクRIDLEY FENIX SL(リドレー・フェニックスSL)の納車にあわせて購入したモノを紹介します.

第四弾は「防具」で,サングラス,ヘルメット,サイクルキャップを紹介します.いつものように徹底的に調査して購入候補を選択したので,これからロードバイクに乗ろうという人や,ロードバイクに乗り始めた人の参考になればと思います.

ロードバイク購入時の買い物リスト(4)
サングラス
ブランド:OAKLEY(オークリー)
製品:Radarlock Path(レーダーロックパス) OO9206-06
Matte Black Ink w/+Red Iridium Vented Free
製品:Radarlock Path(レーダーロックパス) Replacement Lens 43-536
G30 Iridium Vented Free
購入価格:32,742円
説明:OAKLEY(オークリー)はスポーツアイウェアの代表的ブランドで,その高い性能と品質が評価されて,ロードレースも含めて様々なスポーツの一流選手が使用しています.有害な紫外線から目を守るためのサングラスですが,UVカット率が99.9%など,完全には紫外線をカットできないサングラスも多く売られています.例えば,爽快な春のロングライドなら,予想外に強い紫外線に晒されて長時間走るので,目へのダメージが蓄積してしまいます.その点,オークリーのサングラスは透明レンズでもUVカット率が100%と,安心して使うことができます.他にも様々な独自技術がサングラスに投入されいて,High Definition Optics(HDO)による正確かつ鮮明な視界,Switchlockによる素早いレンズ交換,そして豊富なレンズカラーバリエーションを活用できるスポーツサングラスです.デザインも豊富で,今回購入したのはRadarlock Path(レーダーロックパス)です.Jawbreaker(ジョーブレーカー)というロードバイク専用のサングラスは,フィッティング性が抜群に良かったのですが,ゴーグルのようなしっかりしたフレームで,普段使いも含めて,他の用途で使うのが難しいかなと思ってやめました.レンズカラーの種類が多いのもオークリーの特長ですが,正直,選ぶのが大変です.舗装道路の路面状況を的確に視認できるように開発された,ロードバイク専用のPRIZM ROAD(プリズム・ロード)というレンズもあります.このPRIZM ROADも購入候補にしていたのですが,たまたま,気に入ったフレームとのセットがなかったので,”Matte Black Ink w/+Red Iridium Vented Free”を選びました.このレンズは比較的濃い色をしていながら,路面もよく見えます.ただ,このレンズを夕方以降に使うと流石に暗いので,交換レンズとして”G30 Iridium Vented Free”も購入しました.Radarlock Path Matte Black Ink w/+Red Iridium Vented Freeですが,実際にロングライドで長時間使用してみると,着けていることが気にならず,視界も良好で,デザインやカラーもロードバイクRIDLEY FENIX SLに合わせているので,とても気に入っています.なお,レンズを選ぶときには,ベンチレーション機能のあるもの(Ventedと表示)を選びましょう.通気ができないとレンズが曇ります.

Radarlock PathをAmazonでチェック!
Radarlock Path
ヘルメット
ブランド:Kask(カスク)
製品:Mojito
Black/Red Large 59-62cm
購入価格:17,764円
説明:KASK(カスク)のロードヘルメットは,イタリアで完全生産されているそうです.安全性はもちろん,デザイン性も高く,とても人気のあるヘルメットです.Mojitoには,Up&Downフィッティングシステムが採用されており,後頭部を包むストラップの中央部にあるラチェットホイールでサイズを細かく簡単に調整できます.また,抗アレルギー性の柔らかい合成皮革あごストラップが採用されています.カラーバリエーションも豊富で,好みのヘルメットが見付かると思います.私はRIDLEY FENIX SLのカラーに合わせて,黒地に赤色のヘルメットを選びました.実際にKASK Mojitoを被ってロングライドに出掛けてみると,軽いのでヘルメットが気になるようなこともなく,とても快適です.

KASK MOJITOをWiggleでチェック!
KASK Mojito
サイクルキャップ
ブランド:KAPELMUUR(カペルミュール)
製品:ブラック・ライオンプリント
ポリエステル100%
購入価格:2,160円
説明:ロードバイクで疾走するとき,安全確保のためにヘルメットを被るのは当然ですが,サイクルキャップは各自の好みで,被る人も被らない人もいるようです.被らなければ,それだけ通気が邪魔されないので,気持ちいいかもしれません.ただ,頭部も汗をかくので,このサイクルキャップのように,吸汗速乾素材を使用したものを被るのもいいかもしれません.あとは,デザインで選べばいいと思います.今回は,ベルギーカラーを中心に,ライオンと千鳥柄を配置したデザインということで,これを選びました..RIDLEYがベルギーのバイクブランドで,FENIX SLもベルギーカラーがあしらわれているので.

サイクルキャップをAmazonでチェック!
Cycle Cap