3月 052017
 

足と靴の科学
(株)アシックス スポーツ工学研究所(編著),西脇剛史(監修),日刊工業新聞社,2013

足と靴の科学

靴について勉強したいと思い,いくつか購入した本のひとつが本書「足と靴の科学」だ.

靴のサイズについては,男性なら23.0cm〜28.5cm,女性なら21.0cm〜26.0cmで99%以上を占めるらしい.

本書を読んで参考になったことのひとつが「捻挫の対処方法」だ.捻挫したら応急処置であるRICE(ライス)処置が重要で,この処置を行うかどうかで治りの早さが異なるそうだ.ちなみに,RICEは頭文字で,Rest(安静),Ice(冷却),Compression(圧迫),Elevation(挙上)である.詳細は省くが,これらを繰り返すと良いらしい.

この他,靴の選び方や保管方法等も参考になった.

目次

 
第1章 足のサポートギア「靴」
1  靴の歴史
2  靴の構造と名称
3  靴の底部、ソールの材料
4  靴に使われるアッパー材料とその特性―天然皮革・人工皮革・ダブルラッセル―
5  靴ができるまで
 
第2章 身体の中における足の役割と動き
6  足の骨格構造─親指で地面を押して、ほかの指で地面をつかむ─
7  日本人の足の特徴─各国の足形の比較─
8  歩行時の足の動き
9  走るときの足の動き
 
第3章 靴に必要な8つの機能
10  靴の機能
11  衝撃緩衝性─接地開始時の地面反力の緩和─
12  安定性─接地中の足部、脚部関節の過度な動きを抑制─
13  通気性─シューズ内の温湿度を制御─
14  フィット性─はき心地の向上─
15  軽量性─シューズの重量軽減─
16  耐久性―シューズの使用可能期間の増大―
17  グリップ性―路面環境を問わず、スリップによるケガを抑制―
18  屈曲性―蹴り出し時(かかと上昇時)の足沿いの良さ―
 
第4章 用途・目的別靴の機能設計の例
19  靴に必要とされる機能―用途・目的に応じて最適な設計がされている―
20  走るための靴―マラソンシューズ、レーシングシューズ、ランニングシューズ―
21  歩くための靴(ウォーキングシューズ)―低速歩行、高速歩行、姿勢改善など―
22  でこぼこした道や坂などでの使用が想定される靴―トレイル系シューズ―
23  屋外の路面環境での使用が想定されるスポーツシューズ―フィールド系シューズ―
24  屋内での使用が想定されるスポーツシューズ―コート系シューズ―
25  ボートレース用シューズ、レスリングシューズ、防寒作業靴―その他のシューズ―
 
第5章 足と靴にまつわるトラブル
26  靴と足が合わないときの皮膚摩擦による出血、マメ―靴ずれ―
27  靴が路面をすべり、踏ん張りがきかない―すべり―
28  関節で起こるケガ―足首の捻挫―
29  ふくらはぎの内側の下部に生じる痛み―シンスプリント―
30  そのほかの障害―水虫、タコ、魚の目、外反母趾など―
 
第6章 靴の選び方とお手入れの方法
31  足の測り方―靴選びはまず自分の足を知ることから―
32  フィッティングチェック―履き心地のチェック―
33  オーダーシューズやカスタムオーダーインソールの効果
34  靴の保管の仕方
35  普段のお手入れや洗濯の方法
 
Column
フィット性向上のために着用時の変形の状態を測定する装置―光学式3次元ひずみ分布計測システム―
身体の各所の動きから動作の分析をする装置―モーションキャプチャーシステム―
運動中に地面を蹴る力を測定する装置―フォースプレート―
運動中の動作を細かく観察するための装置―ハイスピードカメラ―
シューズのクッション性の経過を観察する試験―圧縮永久歪試験機―

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>