4月 302017
 

春はロードバイクで走るのに最高の季節だ.RIDLEY(リドレー)FENIX SLを購入してちょうど1年が経過した.これまでは,ロングライドと言っても,自宅から行けるところしか行ったことがない.奈良天理までの往復などだ.そればかりでは藝がなさ過ぎるし,なにより飽きてきたので,このゴールデンウィークに琵琶湖一周(ビワイチ)をしようと企んでいる.もちろん,琵琶湖大橋より北側だけの150kmコースではなく,瀬田唐橋を通るフルコースだ.今回は滋賀県が整備している「ぐるっとびわ湖サイクルライン」に準拠して,反時計回りに走るつもりだ.

京都から琵琶湖まで自転車で行ってもよいのだが,琵琶湖一周(約200km)を完走することが目標なので,余計な時間と体力を使わないために,琵琶湖の近くまで輪行するつもりだ.そのための準備についてメモしておく.

grunge(グランジ)キャリーライト
grunge(グランジ)キャリーライト

まず,バスと電車を乗り継いで輪行するためには,輪行バッグが欠かせない.輪行バッグがないと公共交通機関は利用できない.輪行袋と言えば,OSTRICH(オーストリッチ)L100が一番人気のようだが,軽さと収納の簡単さを重視して私が選んだのは,grunge(グランジ)キャリーライトだ.女性向けということで,フレームサイズ520以下のロードバイク用となっているが,使い勝手がよいものを使わない手はない.RIDLEY(リドレー)FENIX SLのフレームサイズはS=545で,キャリーライトに収納できるか心配だったが,実際に試してみたところ,写真の通り,まったく問題なくロードバイクが輪行バッグに入った.

RIXEN & KAUL(リクセン・カール)マイクロSL
RIXEN & KAUL(リクセン・カール)マイクロSL

次に,サドルバッグの大型化を実施した.いつも使っているのは,小型でスタイリッシュなRIXEN & KAUL(リクセン・カール)マイクロSLだ.小さくて邪魔にならないし格好よいが,最低限のモノしか入らない.このため,普段は,サドルバッグとツールケース(ボトルケージに差せるやつ)を併用している.しかし,ロングライドではドリンクボトル2本を携行したいので,ツールケースを外したい.さらに,荷物も増えるので,どうしても大型サドルバッグが必要になる.

APIDURA(アピデュラ)compact
APIDURA(アピデュラ)compact

将来的には一泊二日以上の日程で輪行することも想定して,収納力が高く,それでも大きすぎず,高品質・高機能で,デザイン性にも優れたサドルバッグを探し,最終的に私が選んだのが,APIDURA(アピデュラ)compactだ.シリーズ内ではコンパクトという位置づけだが,輪行するには十分な大きさだ.正直,RIXEN & KAUL(リクセン・カール)マイクロSLと比べれば,四次元ポケットかよ!というくらい,いくらでもモノが入る.ロールアップ式のため,荷物の量に応じてサドルバッグ自体の大きさを調整できるのがいい.

輪行の準備は整った.ゴールデンウィークに琵琶湖一周サイクリングを実行する.

なお,APIDURAのサドルバッグは国内で購入すると非常に高額になるため,APIDURAのウェブサイトで直接購入した.一週間もかからずに届くスピード発送で,何よりメーカー直販なので安心して注文できる.