5月 032017
 

ロードバイクRIDLEY(リドレー)FENIX SLの購入一周年記念企画として,このゴールデンウィークに琵琶湖一周サイクリング(ビワイチ)を計画している.標準的なルートを把握し,休憩する場所,食事する場所,見所をおおまかに確認してみたので,その情報をメモしておく.

京都からなら自走で琵琶湖まで行けばいいのだろうが,琵琶湖一周約200kmを完走することが目標なので,今回は輪行する.実は,これまでに輪行なるものをしたことがないので,将来に備えて,輪行に慣れておくのも今回の目的のひとつだ.

まず,主要な情報源として,輪の国びわ湖推進協議会の「輪の国びわ湖 びわ湖1周」を挙げる.びわ湖一周サイクリング認定証を発行しているのも,この協議会だ.このサイトには,初心者向けの「びわ湖一周の基礎知識」や「びわ湖一周サイクリングマップ」をはじめとして,役に立つ情報がたくさん掲載されているので,確認しておくといいだろう.特に,「びわ湖一周サイクリングマップ」には,お勧めのサイクリングルートに加えて,みちの駅,店,観光スポットの情報,道路状況や注意事項など,様々な口コミが書き込まれているので,大いに活用したい.

次に,滋賀県公式の「ぐるっとびわ湖サイクルライン」.滋賀県では,琵琶湖を一周しながら自然や歴史,観光地等を楽しむことで滋賀県をまるごと満喫できるサイクリングコースとして,瀬田唐橋(大津市)の中の島を起終点する全長約193kmの「ぐるっとびわ湖サイクルライン」を選定している.このコースは,比較的自転車が安全かつ快適に走行できる琵琶湖周遊道路を選び,初めて一周する人も安心してサイクリングできる道路として推奨しているそうなので,初めて琵琶湖一周サイクリング(ビワイチ)に挑戦するというサイクリストは必見だろう.なお,「ぐるっとびわ湖サイクルライン」から,推奨コースがまとめられた地図「びわ湖周遊サイクリングマップ」のPDFファイルをダウンロードできる.今回は,この「びわ湖周遊サイクリングマップ」に調査した情報を書き込んだ.

さらに,滋賀プラス・サイクル推進協議会の「+cycle(プラスサイクル)」も有用な情報を提供してくれている.特に,「ビワイチサポートプロジェクト」では,ビワイチサイクルサポートステーション一覧も掲載されているので,不測の事態が生じたときの助けになるだろう.

初ビワイチのために情報を書き込んだ「びわ湖周遊サイクリングマップ」
初ビワイチのために情報を書き込んだ「びわ湖周遊サイクリングマップ」

ここからは,個別情報をリストアップしておく.

<道の駅>

最初は,休憩や食事でお世話になる道の駅.

<パン屋さんなど>

ロングライドには補給食(スポーツ羊羹など)を持参するが,食事として,パンを買って食べることが多い.今回も,ネット上の口コミを参考に,評判の良いパン屋さんを探してみた.