5月 052017
 

琵琶湖一周サイクリング(ビワイチ)完走:最高に素晴らしかった!(前編)」の続き.2017年5月4日(木)[みどりの日]に挑んだ琵琶湖一周サイクリング(ビワイチ)の後半,湖北の木之本から湖南の浜大津までの記録.

木之本までの走行距離は104kmで,琵琶湖一周サイクリング(ビワイチ)も半分を走破したことになる.ここから先に,琵琶湖一周サイクリング(ビワイチ)で唯一の坂と言われる場所がある.豊臣秀吉と柴田勝家が覇権争いをした賤ヶ岳古戦場(しずがたけこせんじょう)の南側だ.

坂道の斜度は最大で7%ほどだが,距離が短いので大したことはない.とは言うものの,ママチャリで登る気はしない.国道8号線旧道の坂道を登り切ると,「賤ケ嶽隧道」(旧道の賤ヶ岳トンネル)がある.短いトンネルだが,中は水浸しで,天井からも水が滴り落ちている.天気がよくてもロードバイクはビショ濡れになった.

賤ケ嶽隧道を抜けると,琵琶湖を見下ろすことができる場所に出る.サイクリストの皆さん,ここで写真撮影.

賤ケ嶽隧道を抜けて,永原駅の東側を通過し,サイコンのコースに従って快調に走行していると,祭の交通規制をしていたオジサンに呼び止められた.

「この先,海津大崎は土砂崩れで通行止めだよ.この先に行っても,引き返してこないといけないよ.それでも大丈夫か.」

「えっ,この先に,海津大崎を通らずに,東の方に行ける道はないんですか?」

「この先は行き止まり.戻って303号線を通らないと.」

今回の琵琶湖一周サイクリング(ビワイチ)で,唯一最大の危機を迎えた.なんと,サイクルコンピュータに登録したコースが間違っていて,通行止めの海津大崎に真っ直ぐに向かっていたのだ.オジサンにお礼を述べて引き返す.サイコンの地図が使えないので,こうなったら,Google先生に登場してもらうしかない.

海津大崎通行止めを考慮して,事前に計画していた湖北のコース
海津大崎通行止めを考慮して,事前に計画していた湖北のコース

今回の琵琶湖一周サイクリング(ビワイチ)に備えて,事前に計画しておいたコースはこの通りだ.梅津大崎は通らず,永原駅から西へ向かい,マキノへ出ることになっている.スマホのアプリGarmin Connectに登録してあるコースを確かめたところ,事前に計画した正しいコースになっていた.おかしいのは,サイコンGarmin Edge 520Jのコースだ.アップロードに失敗したということか.原因は不明だが,完全にやらかしてしまった.

サイコンの画面に「オフコース」の文字を出したまま,一人寂しく走っていると,神社に行き着いた.小さな稲荷神社だが雰囲気が良い.神社を眺めていると,サイクリスト3人組が取り過ぎていった.この道を走っているということは,私と同じように迷子になったのだろう.でも,303号線は目の前だ.

道に迷ったダメージを快復すべく,「道の駅 マキノ追坂峠」で休憩して,つるやパンのサラダパンとハムち〜ずパンを食べる.大評判の「サラダパン」だが,実際に食べてみたところ,それほど美味しいとは思わなかった.大絶賛されている理由がよくわからない.謎だ.期待が大きすぎたのかもしれない.

どこの道の駅にも,サイクルラックが用意してあった.それも,たくさん.スタンドのないロードバイクを駐車するには必須の道具だ.サイクリストにはとても有り難い.

「道の駅 マキノ追坂峠」からは,琵琶湖に向かって南下せず,大きく西側に迂回して,有名なメタセコイア並木道を目指す.私の写真では伝わらないかもしれないが,とても美しいところだ.今回は新緑が綺麗な緑の並木道だったが,紅葉の季節にも是非訪れたい.ここでは,自動車もバイクもみんな駐車して,写真を撮りまくっていた.特に,大きなバイクに乗っている人が多く,メタセコイア並木を背景にして,自分の愛車を撮影しているライダーが多かった.私もだ.道の真ん中で写真撮影に興じる歩行者は危険.本当に注意した方がいい.

永原駅からずっとオフコースだったが,中庄浜で遂にコースに復帰した.ここから,琵琶湖西岸を一気に南下する.ゴールの大津港を目指して.

コースに復帰して一安心と思ったのも束の間,さざなみサイクリングロード・湖周道路を走行中に,サイクルコンピュータGarmin Edge 520Jが「充電してください」というメッセージを発した.まだ浜大津まで60kmほど残しているのに,こんなところで電池切れか!と泣きそうになる.しかし,スポーツ中に充電するのは難しいのだから,「充電してください」というメッセージを発した直後にブチッと電源が切れることはないと信じて,ゴールの大津港まで疾走することに決める.途中休憩もなしだ.

白鬚神社の鳥居は琵琶湖の中にある.観光客に人気の神社だ.このあたりは国道161号線を通るしかないため,大渋滞している.一年中いつも渋滞だ.そんなノロノロ走行の自動車を横目にしながら,ロードバイクで湖岸を駆け抜ける.ペダルを回す.回しまくる.

ここからは写真撮影もなし.残り約40km(全体の1/5)を,信号待ちを除いてノンストップでゴールの大津港まで走る.理由は2つ.10時間以内にゴールしたいのが1つ.サイコンの電離が切れるまでにゴールしたいのが1つ.「道の駅 マキノ追坂峠」を出てから,ドリンク以外に補給食を取っていなかったので,流石に途中で力が出ない状態になり,走りながらエナジージェルや羊羹を食べる.こういうことをすると,ロードバイクに乗っているなと感じる.

16時50分.朝6時50分に大津港をスタートしてから,ぴったり10時間で大津港に戻ってきた.やりきった.目標達成だ.達成感で実に気持ちがいい.幸い,サイコンも電離切れにならずに,最後まで持ち堪えてくれた.

京都まで自走して帰ることも考えたが,今回は輪行の練習をすることが目的でもあり,サイコンの電池も切れそうなので,輪行で帰ることにした.西大路御池駅までは車で迎えに来てもらった.

こうして,人生初の,滋賀県育ちとして念願の,琵琶湖一周サイクリング(ビワイチ)を無事に終えることができた.天気にも恵まれ,存分にサイクリングを楽しんだ.最高だ.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>