5月 062017
 

このゴールデンウィークに,RIDLEY(リドレー) FENIX SLで,人生初の琵琶湖一周サイクリング(ビワイチ)を満喫してきた.京都から琵琶湖までロードバイクで自走してもよかったのだが,琵琶湖一周(約200km)を完走することが目標なので,余計な時間と体力を使わないために,大津港まで輪行した.そのための準備については「ロードバイク輪行準備:grungeキャリーライトとAPIDURAサドルバッグ」にメモしたが,実際に輪行を経験してみて,選び抜いただけのことはあって,今回の装備は我ながら素晴らしいと思ったので,改めてまとめておく.輪行してみたいと思っているサイクリストの皆さんの参考になれば有り難い.

琵琶湖一周(約200km)完走後.ロードバイク収納前.
琵琶湖一周(約200km)完走後.ロードバイク収納前.

これから輪行しようとするサイクリストであれば,輪行バッグをどれにしたらよいか迷うことだろう.私も随分と悩んだ.ネットや雑誌で調べてみると,OSTRICH(オーストリッチ) L100が輪行袋で一番人気のようだ.しかし,縦置きにするOSTRICH(オーストリッチ) L100を使う場合,別売りのエンド金具を購入して,輪行するたびにエンド金具を付けたり外したりしないといけない.正直,面倒臭く思える.そこで,とても軽くて,とても小さくて,とても収納が簡単な輪行バッグを探し求めたところ,grunge(グランジ)キャリーライトに辿り着いた.

grunge(グランジ)キャリーライトは,grunge(グランジ)キャリーを小型軽量化したもので,本当に小さい.ただ,女性向けの輪行バッグとして販売されており,フレームサイズ520以下のロードバイク用となっている.このため,キャリーライトを使いたいが,自分のロードバイクを収納できるか心配だというサイクリストもいるだろう.私は思い切って買ってしまったが,サイズについては心配は不要だった.私が乗っているRIDLEY FENIX SLのフレームサイズはSサイズ545と,520よりも随分と大きいが,まったく問題なくキャリーライトに収まった.

grungeキャリーライトを広げて,ロードバイクを置く.
grungeキャリーライトを広げて,ロードバイクを置く.

grunge(グランジ)キャリーライトの使い方については,あちこちで紹介されているので,ここでは省略する.

ただ,いくつかの小道具を追加すると,さらに輪行が安全快適になるので,私が用意した小道具を紹介しておきたい.

ホイールバッグとチェーンカバーでフレームとディレーラーを傷や汚れから守る.

最初の道具は,キャリーライトと同じgrunge(グランジ)のホイールバッグだ.ホイールバッグを買うなら,最初からgrunge(グランジ)キャリーにしておけよ!という意見もあるかもしれないが,キャリーライトに比べてキャリーは圧倒的に大きい.キャリーライトの小ささと軽さは非常に魅力的だ.そこで,ホイールバッグを別途購入することで,キャリーライトの魅力とホイールバッグによる安心感を手に入れる.輪行するだけならホイールカバーがなくても大丈夫だが,フレームを傷付けたり汚したりしないかと気になってしまうので,安心感を得るためにもホイールカバーはあった方がいい.

さらに,grunge(グランジ)キャリーの口コミを調べていたところ,付属のホイールバッグにホイールが入らないというコメントを見掛けた.確認はできていないが,もしそういう状況になったら悲惨だ.ただ,別途購入したホイールバッグは十分に大きく,私のホイールは余裕で収納できた.

次に,チェーンカバーだ.汚れたチェーンでフレームや輪行バッグを真っ黒にしないために,そして,多少なりともリアディレーラーを守るために,チェーンカバーはあった方がいいだろう.私が購入したのは,マルト(MARUTO)のチェーンカバーRS-C750だ.リアディレーラーもすっぽりと収まる.

ホイールを車輪固定フック(ゴムバンド)で固定する.

ロードバイクをgrunge(グランジ)キャリーライトに収納するときは,フレームをホイールで挟み込み,ハンドルを回してバイクの厚みをなくす.このとき,不安定になり,自立させにくくなる.お気楽に安心して作業できるようにするために,車輪固定フック(ゴムバンド)があると便利だ.これだけでも随分と安定感が違う.私が購入したのは,マルト(MARUTO)の車輪固定フックだ.3本も要らないのだが...

grungeキャリーライトに収納したロードバイクを電車内に固定する.

うまくロードバイクを輪行袋に収納できたら,ぶつけないように注意して,電車など公共交通機関に持ち込む.一番後ろか一番前の最も空いていそうな車両を使うのがいいだろう.持ち込みを許可されているとは言っても,大きな荷物なので,迷惑にならないように気を付けたい.

それでは,輪行で楽しいサイクリングを楽しんで下さい!

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>