2月 112018
 

ロードバイクの作法 やってはいけない64の教え
竹谷賢二, SBクリエイティブ, 2017

ロードバイクの作法

著者は元プロ.初めはサラリーマンとしてバイク競技に参加していたが,31歳でプロライダーに転向し,32歳のときに2002年アジア競技大会で金メダルを獲得し,さらに34歳のときにMTBクロスカントリー日本代表としてアテネ五輪に出場し,その後も4度の日本チャンピオンとアジアチャンピオンになったという輝かしい経歴を持つ.レースで勝つだけのことはあって,そのフィッテング,ペダリング,フォーム,トレーニング,レースに対する態度が実に真摯だ.しっかりとフィードバックを行い,内容を改善している.そうして行き着いた先にあるロードバイクの作法を「やってはいけない64の教え」としてまとめたのが本書である.

「やってはいけない64の教え」のすべての項目について,最後に「作法」として為すべきことが書かれている.やってはいけないことだけを聞いても,「どうすればいいんだよ!?」となるが,具体的な説明の後に作法として指針がまとめられているので,しっかりと理解できる.大いに参考になった.レースには出ないけど...

目次

 
Prologue 「自分」という選手を育てよう
「原因」があって「結果」がある
あなたは「自分」の「オーナー」

 
Part 1 サイクリストが犯す3つの間違い
1.間違いを放置するな
2.ただ漫然と乗るな
3.すぐに新たなトレーニングに飛びつくな
4.「フィジカルの強さ=速さ」と考えるな
5.力のやりとりを見逃すな
6.不安定を怖がるな

 
Part 2 フィッティングの作法
7.購入時のまま乗り続けるな
8.「股下の長さ×0.8」を鵜呑みにするな
9.100点満点があると思うな
10.”サドル探しの旅”に出るな
11.サドルを高くしすぎるな
12.サドルの前後と傾きの調整を怠るな
13.軽さでサドルを選ぶな
14.ハンドル位置はブラケットで合わせるな
15.ハンドルの調整は形から入るな
16.クランクを長くして見栄を張るな
17.軽量化に大枚をはたくな

 

Part 3  ぺダリングの作法
18.ペダルを丸く回そうと思うな
19.ペダルの回し方だけに正解を求めるな
20.足首を固めるな
21.下死点でペダルを踏み込むな
22.「引き足」なんてするな
23.ビンディングシューズは最初から使うな
24.駆動力と慣性力を一緒にするな
25.平地は得意、登りは苦手?勘違いするな
26.ペダルは2時から3時に踏むな
27.体を下に落とすな
28.0.08325秒の不安定を見逃すな
29.標準的なケイデンスにこだわるな
30.パワーバンドを外すな
31.ダンシングは気を緩めるな
32.やるべきステップを間違えるな

 
Part 4 フォームの作法
33.フォームを固めるな
34.痛みをバイクのせいにするな
35.何となくバイクに陣どるな
36.骨盤を起こすな、寝かすな
37.上り坂は平地と同じフォームで乗るな
38.感覚のズレを放っておくな
39.ポジションを1か所に定めるな
40.ハンドルでバイクを操るな
41.何となくコントロールするな
42.ハンドルだけがハンドルと思うな
43.ハンドルはガッチリ握るな
44.肩甲骨は固めるな
45.ブレーキレバーも握り込むな
46.アンクリングを避けるな
47.緊急時は急ブレーキをかけるな
48.タイヤの変形を知らずに走るな
49.コーナリングはペダルを真下に押すな
50.ハンドルを腕で切るな
51.コーナリングは怖がって体を起こすな
52.路面は目で見るな

 
Part 5 トレーニングの作法
53.睡眠時間を削ってまでトレーニングをするな
54.時間の使い方を誤るな
55.目的のないトレーニングはするな
56.カロリー消費が練習だと思うな
57.ペダルだけ意識するな
58.LSDで練習のミスマッチをするな
59.蓄積疲労を見逃すな
60.調子が悪くてもネガティブになるな
61.効果を生まない補強トレーニングはするな

 
PART 6 レースの作法
62.レース前は特別なことをするな
63.レース前にジタバタするな
64.頑張りすぎの制御を忘れるな

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>