心から推奨する書籍

 

これまでに読んだ書籍の中から,特にお薦めできるものを紹介します.


人種,年齢,性別,地位,職業など,そんなものとは何の関係もなく,万人にお勧めしたい書籍を紹介します.

最初に,座右の書とも言える別格扱いの書籍から.

自省録
マルクス・アウレーリウス,岩波書店,1982

いかに生きるべきかという問いに明確に答えてくれます.善い精神を持つ者によって書かれたということを非常に強く感じさせる,類い希な本です.個人的なメモを集めたものなので,心をそのまま反映しているからだと思います.

続いて,人生について示唆を与えてくれる書籍.

人を動かす
デール・カーネギー,創元社,1999

良い人生を送るために,どのように人に接するべきか.人を味方にし,友を増やし,心豊かな人生を送るために,どのように人に接するべきか.この本には人心掌握の原則が書かれています.

人生観にコペルニクス的転回を引き起こすかもしれない書籍.

「原因」と「結果」の法則
ジェームズ・アレン,サンマーク出版,2003

成功哲学の著名人に多大な影響を与えた書であり,自己啓発書の原点.人間は思いの主人であり,人格の制作者であり,環境と運命の設計者であると説いています.つまり,自分の人格はもちろん,自分を取り巻く環境や事の成否はすべて自分の思いの結果であり,高貴な思いとビジョンを持ち,それに従って行動すべきということです.

「「原因」と「結果」の法則」は自己啓発書の原点であり,すべてがここに書かれているとも言えますが,難しくて理解できないと感じる人もいるだろうと思います.「原因と結果の法則」とは,この宇宙の因果関係のことであり,近年流行の「引き寄せの法則」のことです.

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
ジェリー・ヒックス,エスター・ヒックス,ソフトバンククリエイティブ,2007

人は,何かを強く望み,その実現を信じるならば,欲しいものを所有でき,なりたい人物になれ,したいことをできる.これは,人の思考が放つ振動が宇宙から共鳴するものを引き寄せるためである.これこそが宇宙を支配する法則,「引き寄せの法則」である.したがって,人はこの宇宙の法則を理解し,実践することによって,幸せな人生を謳歌することができる.逆に,自分が望むような人生を送っていないと感じる人は,「引き寄せの法則」を理解し,自分の思考を修正する必要がある.これが本書の主張です.

武士道
新渡戸稲造,教文館,2000

日本人の精神と道徳について書かれた国際的名著.

新渡戸稲造は,日本人特有の高い精神性,日本の道徳思想の源流を武士道に求めました.原著”BUSHIDO: The Soul of Japan”は,日本の道徳思想を正しく外国人に伝えるために書かれました.膨大な引用の範囲は,聖書を筆頭に,古代ギリシヤ,古代ローマ,ドイツ,フランス,イギリス,アメリカ,中国等々の哲学者,思想家,歴史家,詩人等々,実に多岐に渡っています.そのような本だからこそ,世界の心ある人々に強く訴えかけることができたのでしょう.原著を読んだ西欧人が衝撃を受けたことは容易に想像でき,ルーズベルト大統領が友人に何冊も配ったという逸話にも合点がいきます.日本人が世界の誇る名著です.


人生において,仕事をする(働く)ことには大変重要な意味があると思います.仕事で成果を出すことに焦点を合わせた書籍.

経営者の条件
ピーター・F・ドラッカー,ダイヤモンド社,2006

成果をあげるために何を為すべきか.すべての人が心得ておくべきことが,まとめられています.ドラッカーは対象を「経営者」に限定してはいません.

ドラッカーの主張はぶれないため,核心的な主張は数多くの著作で繰り返されます.

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ,成長するか
ピーター・F. ドラッカー,ダイヤモンド社,2000

「経営者の条件」と同様,仕事で成果を上げることについて書かれた本ですが,特に,組織で働く知識労働者に焦点を合わせています.

私の場合,人前で話すことが仕事でもあるため,「話す」という行為は極めて重要です.

話し方入門
デール・カーネギー,創元社,2000

人前で上手に話すための秘訣が書かれています.もちろん,単なるハウツウではありません.人に伝えたいと切望するものがあること,周到に準備をすること,練習に練習を重ねて自信を持つこと,始め方と終わり方に注意すること,わかりやすく話すこと,そして,美しい言葉を身に付けることなどが挙げられています.人前で話すことの重要性を認識し,上手に話せるようになりたいと願う人にはきっと役立ちます.