5月 212016
 
在学中に国際会議で研究発表して国際ジャーナルに論文投稿しよう

進学を検討している学生に研究室を紹介するとき,配属が決まった学生に研究室の方針を説明するとき,修士課程修了後に就職する学生を念頭において,「海外で開催される国際会議で1回は研究発表をしよう!」「国際ジャーナルに1報は論文 [ 続きを読む ]

4月 032016
 
Acrobatで注釈をつけられないPDFファイルに注釈をつける方法

今も論文原稿の赤ペン先生をしているところだが,学生や共同研究者が作成したPDFファイルをAcrobatで開くと,時々,注釈機能が使えないことがある.注釈がつけられないというよりも,文字列を選択しようとしても,うまく選択で [ 続きを読む ]

3月 162016
 
任期付き・若手・女性・研究者の厳しい環境

最近,大学では任期付きのポジションが増えている.多くの場合,大学院に進学し,同期が就職していくなか,大学に残って研究を続け,苦労して博士号を取得した若手研究者が対象になる.例えば,巨額の研究予算がつく大型プロジェクトの場 [ 続きを読む ]

2月 232016
 
種子島の西之表市を訪問し,市長と面会,職員の皆さんと会食.豪華すぎた.

種子島にある製糖工場や西之表市役所の方々と共に研究に取り組むことになり,2月はじめの2日間,生まれて初めて,種子島を訪れた.南国のイメージを持って出掛けたのだが,普通に寒かった.まったく普通に寒かった.今年は沖縄で降雪が [ 続きを読む ]

2月 232016
 
祇園「味 らく山」で修士課程学生の慰労会.京都の料理を想い出に.

2月15日.無事に修士論文発表会が終了し,研究室の学生5名が合格した. これから京都を離れて世界で活躍する学生に,京都の美味しい料理を食べておいてもらおうと,修士課程2年間あるいは学部4回生も含めた3年間,猛烈に頑張って [ 続きを読む ]

11月 032015
 
緑寿庵清水の季節限定・焼栗の金平糖

先日,現所属研究室の同窓会があり,学生が準備してくれたビンゴゲームで,京都では超有名な金平糖専門店である緑寿庵清水の「季節限定・焼栗の金平糖」を景品としてもらいました.無茶苦茶嬉しいのですが,またこれが,無茶苦茶美味しい [ 続きを読む ]

9月 252015
 
オーストラリアの大学事情:昇進,給料,運営費,奨学金,授業料,生活など

オーストラリアの大学はイギリスの大学の制度を採用していて,昔は,教授(正教授:Full Professor)の数は極端に少なかったらしい.教授の下の役職として,准教授,シニアレクチャラー,レクチャラーがある.講師は日本の [ 続きを読む ]

9月 252015
 
University of New South Wales(UNSW)訪問

国際会議で海外に行くとき,3日間の会議に参加するために,飛行機と乗り継ぎに長時間を費やすばかりか,出国後には訪問先で帰国後には自国で時差ボケに何日も悩まされるというのは,極めて効率が悪い.そこで,事情が許せば,国際会議の [ 続きを読む ]

9月 142015
 
京都大学における教育経費は学生1人260万円,研究経費は教員1人2065万円.国民負担は1人780円.

京都大学の財務報告書2015(平成26事業年度)が配布された.詳細に興味がある人には財務報告書を読んでもらうとして,社会,学生,教職員の立場から,京都大学の現状を把握するのに役立つ情報を厳選してメモしておこう. 国民1人 [ 続きを読む ]

7月 062015
 
江南大学訪問:中国の大学とカナダの大学について聞いてみた

上海から無錫に向かう車内で,空港まで迎えに来てくれたPhD候補女子学生さんに聞いたところでは,江南大学の場合,奨学金を支給する組織として,中国国家留学基金管理委員会(CSC),州政府,大学の3種類あるそうだ.中国国家留学 [ 続きを読む ]